風土が合わないと、辞めざるを得ない。