公認会計士・税理士の藤沼です。

会計系での転職を考えている方にとって、「転職エージェント選び」は悩みどころです。

そこで今回は、会計系エージェント SACT の評判・口コミを紹介します。

全転職エージェントの比較表も公開していますので、ご参考ください。

SACTの総合評価
  1. 求人数     : (2/10)
  2. 情報の詳細度  : (4/10)
  3. サポート力   : (4/10)
  4. 対応のスピード : (5/10)
  5. 評判・口コミ  : (5/10)
  6. 総合評価    : (3/10) 

(参考:当サイトの評価基準

「会計系」転職エージェント総合ランキング

1位 レックスアドバイザーズ
公式HP:https://career-adv.jp/
「会計系」最大手エージェント。求人数もNo.1。


2位 マイナビ会計士
公式HP:https://cpa.mynavi.jp/
「公認会計士」なら登録必須。


3位 ジャスネットキャリア
公式HP:https://career.jusnet.co.jp/
保険として活用するとGood。


※ 詳細は おすすめの転職エージェント にて解説

この記事を書いた人

藤沼 寛夫

藤沼 寛夫

35歳
公認会計士・税理士

2014年 2月 EY新日本監査法人 入社
2018年 7月 FAS系コンサル会社 入社
2019年10月 藤沼会計事務所 開業

中小企業様向けに、M&A / 監査 / AUP 等のサービスを提供しています。

 

SACTとは?

SACTとは?

SACTは、「士業」を専門とした転職エージェントです。

主なサービスの概要は、次のとおりです。

SACTの主なサービス概要

 求人検索有り
 面談有り(リモートも可)
 スカウトサービス有り
 履歴書・職務経歴書の添削有り
 面接対策有り
 各種、条件交渉の代行有り
 利用料無料

上記のとおり、SACTは一般的な転職エージェントに求められるサービスの基準を満たしています。

次に、他の転職エージェント・転職サイトと比較するために、SACTの専門分野・特徴を解説します。

 

① 専門分野・特徴

SACTの専門分野・特徴

SACTは、次の士業資格を対象に、転職エージェントサービスを提供しています。

SACTが対象とする資格

  • 公認会計士
  • 税理士
  • UCPCA
  • 弁護士
  • 司法書士
  • 弁理士

各資格ごとに求人ページが分けられているため、「自らの資格に適合した求人を探しやすい」という特徴があります。

なお、「士業専門」と謳われているのですが、よくよく見てみると「簿記」「行政書士」など、上記以外の資格者向け求人も検出されました。

そのため、厳密には「専門」ではないようです…。

次に、SACTの有する 求人数 の概要を見てみます。

 

② 求人数

実際にSACTに登録し、求人数を数えてみました。

SACTの保有する求人数

  • 東京  :159件(18位)
  • 東京以外: 86件(15位)
  • 合計  : 73件(18位)

(2022年4月1日現在のデータ)

カッコ内は、全ての会計系転職エージェントと比較した際の「求人数の順位」です。(ただし、会計系求人のみ抽出)

SACTが保有する「会計・税務系の求人」は、他の転職エージェントに比較するとかなり少ないです。

なお、求人数の内訳・詳細は、SACTで取り扱っている求人で後述しています。

 

③ USCPAに力を注いでいる

SACTはUSCPAに力を注いでいる

先述のとおり、SACTでは6つの士業資格を専門に、転職サポートをしています。

この中でも、特に力を注いでいるのが「USCPA」です。

例えば、SACTでは唯一USCPA向けのTwitterアカウントを保有し、情報発信をしています。

また、USCPA向けの求人ページだけは「別ドメイン」により運用していることから、他の士業資格よりも力を入れていることが分かります。

ただし、他の転職エージェントと比較すると、USCPA向けの求人数は少ない結果でした。(詳しくは 資格別の求人数 にて後述)

他のUSCPA向け転職エージェントと戦うには、もう少し年月が必要であろうと感じます。

 

④ その他 概要

その他、SACTの基本情報は次のとおりです。

運営会社株式会社SACT(サクト)
設立年2015年10月1日
資本金5,000,000円
本社〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-18-7 窪島ビル8階
支店無し
関連会社無し
関連サービス
分類転職エージェント

SACTは、人材紹介事業者としての歴史はまだ浅く、組織規模もまだ(他社に比較すると)小さいです。

また その他の特徴として、SACTは各士業資格に対応した求人サイトを、別々に分けている点も特徴です。

なお、後述しますが、SACTでは法務系(弁護士・司法書士・弁理士)の求人も取り扱っているものの、求人数は非常に限定的です。(詳しくは、 資格別の求人数 にて後述)

そのため、SACTは「会計系・税務系の転職エージェント」であると言えるでしょう。

次に、SACTを利用した方による評判・口コミを見てみましょう。

 

SACTの良い評判・口コミ

SACTの良い評判・口コミ

実際にSACTを利用した方に、アンケート調査を実施しました。

なお、SACTは(他の転職エージェントに比べると)利用者が少なく、評判・口コミ数もあまり多くありませんでした。

まず「良い評判・口コミ」から見てみましょう。

 

① USCPA向けの求人が多かった

USCPA取得者Aさん

Aさん

  • 年齢  :32歳(転職時)
  • 保有資格:USCPA
  • 転職先 :上場経理 → 中小監査法人
  • 評価  :★★★☆☆( 3.0 )

「 USCPA向けの転職エージェントは少ないため、片っ端から転職エージェントに登録した。
SACTはdodaなどの有名なエージェントよりも、提案される求人の数が多いと感じた。
ただし、監査法人系の求人がメインで紹介される傾向にあると感じ、もう少し色々な選択肢も知りたかった。
また、会計系の転職エージェントの中では求人はさほど多くない。 」

 

② 担当コンサルタントがベテラン揃いで安心できた

公認会計士試験合格者Bさん

Bさん

  • 年齢  :31歳(転職時)
  • 保有資格:公認会計士試験合格者
  • 転職先 :大手監査法人 → ベンチャー経理
  • 評価  :★★★☆☆( 3.0 )

「 複数ある転職エージェントに登録し、その1つがSACTだった。
転職活動が初めてだったので、特にキャリア選択に大きな不安があり、どのような道があるのか相談する所から始めた。
その点、SACTの担当コンサルタントはかなりベテランの方で安心が出来た。
最終的には他の転職エージェントに切り替えたが、自分のように1から教えてほしいという人には良いと思う。 」

 

③ 年収で求人を検索できるのは良かった

税理士科目合格者Cさん

Cさん

  • 年齢  :33歳(転職時)
  • 保有資格:税理士科目合格者(2科目)
  • 転職先 :中小税理士法人 → 地方会計事務所
  • 評価  :★★★☆☆( 3.0 )

「 SACTはどちらかというと求人サイトとして利用し、求人をスキマ時間で見るのに利用していた。
年収を選んで検索できるのは良い点であった。
ただ、表示される求人票の数は結構少ない印象。まだ他の転職エージェントの方が求人票の数は多い。
空いた時間で求人検索する程度に利用するのであれば良いのではないか。 」

 

SACTの悪い評判・口コミ

SACTの悪い評判・口コミ

続いて、SACTの「悪い評判・口コミ」を見てみましょう。

※ 掲載されている口コミは、あくまで個人の感想です。

 

① 求人が少なく、あまり選べなかった

会社規模がまだ小さいため、レックスなどに比べて求人数が少ない。

公認会計士Dさん

Dさん

  • 年齢  :33歳(転職時)
  • 保有資格:公認会計士
  • 転職先 :大手監査法人 → 上場経理
  • 評価  :★★☆☆☆( 2.0 )

「 監査法人内の同チームのメンバーから口コミでSACTの存在を知り、登録した。
初回の面談を終えると求人を紹介してもらえたが、希望するフィールドの企業求人が紹介してもらえなかった。
少しニッチな産業であることは理解していたが、他の転職エージェントではもう少し色々と紹介してもらえたため、残念だった。
ただし、面談で対応してくれたコンサルタントは気さくで相性が良かったと感じた。 」

 

② あまり希望を聞いてもらえなかった

税理士科目合格者Eさん

Eさん

  • 年齢  :37歳(転職時)
  • 保有資格:税理士科目合格者(3科目)
  • 転職先 :大手税理士法人 → M&A系コンサル
  • 評価  :★☆☆☆☆( 1.0 )

「 転職は過去に一度経験しており、今回が最後の転職であると決めて転職サイトの利用を始めた。
SACTは税理士向け求人も扱っているとのことで初めて利用したが、あまり自分の希望を聞いてもらえず、機械的に求人を紹介された。
年齢的に転職が難しくなっているのは重々理解していたが、「なぜその求人を紹介するのか」くらいは教えてほしかった。
希望していない求人を紹介され続けたため、やや不信感が募り利用を停止した。 」

 

③ 転職を急かされることがあった

USCPA取得者Fさん

Fさん

  • 年齢  :35歳(転職時)
  • 保有資格:USCPA
  • 転職先 :大手監査法人 → FASコンサル
  • 評価  :★☆☆☆☆( 1.0 )

「 転職経験は2度あり、3度目の転職でSACTを利用した。
前回の転職で業界のことはある程度知っていたので、カウンセリングは受けず、希望だけ伝えて求人をもらっていた。
しかし、担当者の理解度が不十分なのか、十分な意思疎通ができず希望通りの求人が中々もらえなかった。
そのようなやり取りを数回繰り返したところ、転職を急かすような言葉をいただいたので利用をやめた。
転職活動は人生を左右する重大なイベントなので、妥協させるような助言はNGだと思う。 」

 

SACTを利用するメリット

SACTを利用するメリット

SACTを利用するメリットは、2つあります。

  1. 士業のコンサルタントが対応
  2. 気軽に求人を探せる(士業限定)

簡単に解説します。

 

① 士業専門のベテランコンサルタントが対応

士業専門のベテランコンサルタントが対応

SACTのコンサルタント紹介ページにもありますが、SACTに在籍するキャリアコンサルタントは、士業に特化したベテラン揃いです。

士業に強い転職エージェントは多いですが、ベテランで揃えているエージェントは少ないです。

コンサルタントの質を求める方は、利用しても良いかもしれません。

 

② 気軽に求人を探せる(士業限定)

気軽に求人を探せる(士業限定)

先述のとおり、SACTでは士業資格者別に、専用の求人ページを用意しています。

インターフェイスもシンプルで分かりやすく、求人検索だけであれば登録作業は不要ですから、気軽に求人を探すことができます。

ただし、SACTで保有している求人数は少ないため、本気で求人を探すよりも、傾向を掴むための参考として利用されるのがベターです。

 

SACTを利用する際の注意点

SACTを利用する際の注意点

SACTを利用する場合、次の3点に注意する必要があります。

  1. 求人数が少ない
  2. 利用できる資格者が限られている
  3. マッチングに失敗する可能性がある

簡単に解説します。

 

① 求人数が少ない

求人数が少ない

SACTの求人数は全159件です。(2022年4月1日現在)

他の会計系転職エージェントと比較すると、あまりに少ない求人数です。

転職活動を成功させるためには、「より多くの選択肢の中から選ぶ」ことが最も大切です。

なぜなら、少ない求人の中から選んでしまうと、「より良い求人」を逃す可能性があるからです。

SACTを利用する際には、あまり本気で求人を吟味せず、求人の傾向を掴む程度で利用することをオススメします。

 

② 利用できる資格者が限られている

利用できる資格者が限られている

先述のとおり、SACTは「士業専門」の転職エージェントです。

士業の中でも対象資格は6種に限定されており、その他の資格者はほぼ利用することができません。

士業資格をお持ちでない方は、他の会計系エージェントを利用しなければなりません。

 

③ マッチングに失敗する可能性がある

マッチングに失敗する可能性がある

SACTは、(会計業界の転職エージェントとしては)規模の小さなエージェントです。

組織規模の小ささは、業界への理解度にも影響を与えます。

「会計業界」は専門性の高い市場ですから、エージェントには企業・業界への高い理解度が求められます。

この点、SACTは組織規模が小さいため、深度ある回答が得られないケースがあるでしょう。

そのため 企業とのマッチングがうまくいかず、転職に失敗してしまう可能性があります。

 

SACTで取り扱っている求人

SACTで取り扱っている求人

実際にSACTの求人検索システムを利用し、取り扱っている求人数・種類を集計してみました。

結果は次のとおりでした。

すべての求人数159件(非公開求人を含む)
職種
  • コンサルティング会社
    FAS / その他会計アドバイザリー / 事業再生 / 内部統制 / フォレンジック / IPOコンサル /
  • 事業会社
    経理部・財務部 / 内部監査 / ベンチャー / CFO / 法務部 / 知財部
  • 会計事務所・税理士法人
    税務顧問・記帳代行 / 相続税・資産税 / 国際税務・海外進出支援
  • 監査法人
    大手監査法人 / 中小監査法人
  • その他

 

資格公認会計士 / 税理士 / 税理士科目合格者 / USCPA / 簿記2級 / 簿記3級 / 弁護士 / 司法試験合格者 / 司法書士 / 弁理士 / 行政書士 / その他、会計系資格全般
対応エリア
北海道青森岩手宮城秋田山形福島茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
雇用形態正社員
未経験者OK11件(非公開求人を含む)
管理職の求人0件(非公開求人を含む)
英語力を活用17件(非公開求人を含む)
新卒/第二新卒OK0件(非公開求人を含む)

(2022年4月1日現在のデータ)

SACTで取り扱っている求人は、都内を中心とした関東圏に集中していました。

また先述のとおり、対象としている資格も士業資格+αに限定されています。

 

① 職種別の求人数

SACTが扱っている求人を、職種ごとに分類して集計しました。(ただし、会計系・税務系のみ集計)

※ カッコ内は「会計系転職エージェント全20社」中の求人数ランキング順位です。

159件(18位)
職種求人件数
経理   – 事業会社8件(20位)
内部監査 – 事業会社10件(11位)
経営企画 – 事業会社6件(11位)
FAS コンサル14件(15位)
会計事務所・税理士法人100件(14位)
監査法人18件(12位)
金融・ファンド0件(20位)
その他3件(14位)

抽出対象:SACT求人検索システム
(2022年4月1日現在のデータ)

上記のとおり、SACTでは全職種を満遍なく取り扱っているものの、いずれも際立った数の求人数ではありませんでした。

会計・税務系の求人は取り扱われていますが、他の転職サイト等と比べると、見劣りする結果となりました。

 

② 資格別の求人数

求職者の視点から、SACTが扱っている求人を「資格者別」に集計してみました。

なお、カッコ内は「会計系転職エージェント全20社」中の求人数ランキング順位です。

合計
公認会計士93件(14位)
税理士114件(12位)
税理士科目合格98件(10位)
USCPA134件(7位)
USCPA科目合格11件(6位)
簿記1級0件(20位)
簿記2級6件(12位)
簿記3級1件(12位)
弁護士20件
司法書士45件
弁理士45件

抽出対象:SACT求人検索システム
(2022年4月1日現在のデータ)

※ 1つの求人票で複数の有資格者を募集しているケースがあり、上記の合計は求人数全体の合計と一致しません。

SACTの求人は全体的に少ないものの、「USCPA向けの求人数」はやや多いことが分かりました。

USCPA向けの転職エージェントの中では、7番目に多い求人数です。

しかし、それ以外の資格の求人数はかなり少なく、確かに「士業専門」ではあるものの、「士業に強い」とまでは言えない印象があります。

なお、各資格者ごとの転職エージェントランキングは、 おすすめの転職エージェント で後述しています。

 

③ その他の転職エージェントと「全求人数」を比較

会計系に強い転職エージェント・転職サイトは、全20社あります。

このうち求人数が最も多かったのは、Rexアドバイザーズ でした。

(ただし、公認会計士向け求人に限ってはマイナビ会計士 が最も多い)

全転職エージェントの「全求人数」比較表

名称 / 求人数全国東京地方
マイナビ会計士4,005件2,515件1,490件
REXアドバイザーズ5,764件3,232件2,532件
ジャスネット4,896件2,860件2,036件
MS-JAPAN4,863件2,869件1,994件
HUPRO4,664件2,374件2,290件
経理転職.com2,820件1,707件1,113件
経理転職ナビ1,816件863件953件
TACキャリア1,809件1,219件590件
人材ドラフト1,251件515件736件
アカナビ1,146件971件175件
マイナビ税理士1,027件483件544件
アビタス407件333件74件
大原キャリアナビ273件154件119件
SYNCA232件198件34件
ワイズアライアンス212件194件18件
会計求人プラス202件171件31件
JICPAキャリアナビ188件112件76件
SACT159件86件73件
経理エージェント89件84件5件
VRPパートナーズ61件61件0件
PCP非公開非公開非公開

(2022年4月1日現在のデータ)

※ 名称をタップすると、各転職エージェントの評判・口コミ記事に飛びます。

上記の結果からも、SACTの求人数がかなり少ないことが分かると思います。

転職エージェントを選ぶ際には、「求人数の多さ」はとても重要です。

魅力的な求人を拾い漏らさないためにも、必ず、求人数の多い転職エージェントを利用すべきです。

 

SACTをオススメできる人

SACTをオススメできる人

SACTは、次の方にオススメです。

  1. USCPAの方
  2. すでに応募する企業が決まっている方

以下、解説します。

 

① USCPAの人

USCPA有資格者の人

USCPA向けの転職サイト・転職エージェントは少ないため、USCPAとして転職される方にはオススメです。

ただし、先述のとおり求人数はかなり少ないため、他の転職エージェントと併用されることをオススメします。

転職において「選択肢の多さ」は強い武器になりますから、多くの求人を得ることを心がけるべきです。

 

② すでに応募する企業が決まっている人

すでに応募する企業が決まっている人

「応募する企業」が決まっているのであれば、あとは求人票を探すだけです。

そんな時の選択肢として、SACTを使うのは有効です。

特定の転職エージェント・転職サイトでのみ求人を出しているケースもある為、できるだけ多くの転職エージェント・転職サイトを利用すべきでしょう。

なお、どこを探しても求人が見つからない場合、「直接応募」という最終手段が残されています。

そもそも中途採用をしていないケースもありますが、(どうしても応募したい企業がある場合は)ダメ元でも応募してみるべきです。

 

SACTをオススメできない人

SACTをオススメできない人

次の方には、SACTはあまりオススメできません。

  1. USCPA以外の方
  2. 効率的に転職活動をされる方
  3. 転職が初めての方

以下、解説します。

 

① USCPA以外の人

USCPA以外の人

先述のとおり、SACTには「USCPA向け求人」は用意されているものの、その他の士業系資格の求人はかなり少数です。

そのため、数多くある転職エージェントの中からSACTを選ぶべき、と言い切ることはできません。

私の個人的な感想も入りますが、USCPA以外の方にはオススメできないと感じました。

 

② 効率的に転職活動をされる人

効率的に転職活動をされる人

先述のとおり、SACTの求人数は(他の大手エージェントと比較すると)かなり少ないです。

このため、「多くの求人からスクリーニングし、自分の希望に沿った企業を探したい」という方には、あまりオススメできません。

働きながら転職活動を進めるためには、「効率」も必要になるため、利用の際はご注意ください。

 

③ 転職が初めての人

転職が初めての人

SACTは(他のエージェントに比べて)利用者数が少ないため、提示される「キャリアプラン」の数も少なくなります。

特に、転職が初めての方はキャリアプランが明確でないケースがほとんどですから、転職エージェントによる「キャリアカウンセリング」が非常に重要です。

※ キャリアカウンセリングとは、求職者に最適な職種・業種を探索するプロセス(支援)をいいます。

この点、転職実績の多いエージェントであれば、(基本的には)キャリアカウンセリングのレベルも上がります。

そのため、転職が初めての方は もう少し規模の大きな転職エージェントを選ぶべきです。

 

SACTの利用を考えている人にオススメの転職エージェント

SACTの利用を考えている人にオススメの転職エージェント

会計系・税務系への転職を考えている方に、オススメの転職エージェントを紹介します。

 

① 公認会計士にオススメの転職エージェント

会計士にオススメの転職エージェント(上位3社)は、次のとおりです。

ランキング総合評価強み
1位 マイナビ会計士10/10会計士の求人数No.1
2位 Rexアドバイザーズ10/10会計業界では最大手
3位 ジャスネット9/10士業に特化

会計士ならマイナビ会計士 が最もオススメです。

なぜなら、唯一の会計士専門大手エージェントであり、会計士向けの求人数がNo.1だからです。

会計士にオススメの転職エージェントについては、次の記事でランキングを紹介しています。

私自身もマイナビ会計士を使って転職をしましたが、サービスが素晴らしかったので非常にオススメです。

 

② USCPAにオススメの転職エージェント

USCPAにオススメの転職エージェント(上位3社)は、次のとおりです。

ランキング総合評価強み
1位 Rexアドバイザーズ10/10規模・求人数ともNo.1
2位 ジャスネット9/10士業に特化
3位 MS-Japan9/10管理部門に特化

USCPAの方には Rexアドバイザーズ が一番オススメです。

なぜなら、USCPA向けの求人数が最も多く、評判・口コミも非常に良いからです。

実際に私も利用しましたが、コンサルタントの品質は全エージェントの中で最も高いと感じました。

なお「マイナビ会計士」は、USCPA求人の取り扱いは少ないためご注意ください。

 

③ 税理士にオススメの転職エージェント

税理士・税理士科目合格者にオススメの転職エージェント(上位3社)は、次のとおりです。

ランキング総合評価強み
1位 Rexアドバイザーズ10/10規模・求人数ともNo.1
2位 ジャスネット9/10士業に特化
3位 マイナビ税理士8/10税理士に特化

税理士・税理士科目合格者の方には Rexアドバイザーズ が一番オススメです。

なぜなら、税理士向けの求人数が最多であり、特に「科目合格者」向けの求人数が群を抜いているからです。

 

④ 経理に強い!オススメの転職エージェント

経理志望の方にオススメの転職エージェント(上位3社)は、次のとおりです。

ランキング総合評価強み
1位 Rexアドバイザーズ10/10規模・求人数ともNo.1
2位 MS-Japan9/10管理部門に特化
3位 ジャスネット9/10士業に特化

経理への転職なら、 Rexアドバイザーズ が一番オススメです。

なぜなら、経理向けの求人数がNo.1だからです。

ただし、「経理未経験者」への求人数はそれほど多くないため、経理未経験の方は「MS-Japan」「ジャスネットキャリア」も併用すると良いでしょう。

とはいえ、レックスアドバイザーズは会計系転職エージェントの中でもズバ抜けている印象があります。

\ かんたん3分で登録完了/

 

SACTの総合評価

【USCPA向け?】SACTの評判・口コミ【+公認会計士が利用した感想】

SACTの総合評価は、次のとおりです。

SACTの総合評価
  1. 求人数     : (2/10)
  2. 情報の詳細度  : (4/10)
  3. サポート力   : (4/10)
  4. 対応のスピード : (5/10)
  5. 評判・口コミ  : (5/10)
  6. 総合評価    : (3/10) 

(参考:当サイトの評価基準

SACTの利用を考えている方は、必ず、他の転職エージェントも使うべきです。

会計系エージェント全20社のうち、特に評判が良かったのは、次の3社でした。

「会計系」
おすすめ転職エージェント Top 3

No.1 Rexアドバイザーズ
会計系の求人数は業界No.1
カウンセリングも非常に魅力的。
No.2 マイナビ会計士
公認会計士なら登録必須
公認会計士専門エージェントとしては最大手。
No.3 ジャスネットキャリア
会計系・管理系に特化したエージェント
会計系の幅広い求人を網羅している。

特に、会計系での転職を考えている方は「レックスアドバイザーズ」1択だと思います。

比較にならないほど有用でしたので、絶対に利用すべきです。

\ かんたん3分で登録完了/