公認会計士・税理士の藤沼です。

転職をお考えの会計士の方へ。
残業なしの会社をお探しですか?

最近、忙しさから転職を考えるシニアマネージャーの会計士の方が増えているそうです。

でもきっと、やりたいこともあるはずですよね。
例えば、税務をやりたいけど残業はしたくない、とか。

そこで今回は、会計士の転職先として、残業なしの会社はあるのか?
業種別にご紹介したいと思います。

私自身が転職活動をした上で、この記事を書いておりますので、きっと参考になると思いますよ。

本記事の想定読者

・そこまでバリバリ仕事をしたくない方
・年次としては、スタッフ~マネージャーの方

この記事を書いた人

藤沼 寛夫

藤沼 寛夫

35歳
公認会計士・税理士

2014年  2月 EY新日本監査法人 入社
2018年  7月 FAS系コンサル事務所 入社
2019年10月 藤沼会計事務所 開業
2020年  4月 税理士登録

【会計士の転職事情】残業なしの転職先はどのくらいある?

ちなみに、本記事の筆者も公認会計士であり、転職を経験しています。

転職活動に多くの時間をかけ、求人情報は300社ほど吟味しました。
業種もほぼ全て見ましたから、そのような経験も含めて、残業なしの会社をご紹介します。

残業の有無を業種別にご紹介

残業の多さは、業種によって異なります。

そこで、残業の少ない業種を順番にご紹介したいと思います。

事業会社

残業度:★★☆☆☆

まず残業時間の少ない求人として紹介されるのが、事業会社の経理です。
残業なし、という会社が最も多いのが事業会社です。

転職エージェントから求人を多く貰いましたが、多くが残業時間「10~20時間」というものでした。

国内で完結する経理職であれば、平均このくらいです。

税務・財務・予算管理などが勉強でき、かつ残業が少ないので、個人的に非常におすすめの転職先です。

ただし!IFRS対応英語を使う仕事になると、残業が増える傾向にあります。(監査法人勤務の方なら、想像に容易いかと思いますが。)

ちなみに、会社の規模はあまり関係なかったりします。
私の友人で超大企業の経理に就職した会計士がいますが、ほぼ残業なしで割と良いお給料・ホワイトだそうです。

むしろ大きな会社になるほど、エージェントから貰える求人表の「残業時間」と実際の残業時間とのズレが少なくなる傾向にあります。

小さい会社になると、少しイレギュラーな事が起きるとすぐに残業時間が増えますからね。

また、内部監査部門も残業が少ない部署の1つです。(仕事が面白いかは別にして。)

事業会社のデメリットとしては、年収が下がる傾向にあることが挙げられます。

私の例になりますが、年収700万の頃に転職活動をして、提示される事業会社の年収は500~550万程度でした。

もちろん残業分が増えるのですが、仮に1ヶ月20時間の残業としても、大体600万くらいになります。
年収100万ダウンですね。

会計事務所

残業度:★★★☆☆

次に残業時間が少ないのが、会計事務所(税理士事務所)です。

事務所にもよりますが、平均残業時間は20~30時間程度です。

そもそも小さな事務所が多いため、あまり残業をさせられないのが理由です。
確定申告の時期(1~3月)になると少し忙しくなりますが、それでも60時間くらいが最大でした。

私の友人で税理士事務所に勤めている会計士がいますが、彼も月に10時間程度の残業です。
残業なしを謳っている会計事務所も、わりと多いかと思います。

デメリットとしては、規模が小さいため人間関係で悩むと辛いことが挙げられます。あとは人数が少ないので、話せなくてつまらない・・・という話も聞きます。

また、コンサルや監査に力を入れている会計事務所は、少し忙しい傾向にあるので注意です。

コンサルティング会社

残業度:★★★★☆

次にコンサルティング会社です。

こちらは、激務の業界として有名ですね。
残業なしという会社は、非常に限られます。

コンサルにも種類があり、戦略系・FA系などなどあります。
このうち会計士と最も親和性の高いのが、FA系になります。

余談ですが、私もFA系のコンサルに転職しました。

FA系も忙しいのですが、戦略系は更に忙しいです。
単純に残業時間の少ないコンサルを選ぶのであれば、FA系一択かと。

FA系のコンサルの中で、数少ないですが、残業なしというコンサルも実在しました。

その会社には私もカジュアル面談に行きましたが、残業ゼロというのは本当のようです。
監査法人で疲弊した方が多く来る、と言っていました。

なので、コンサルだから激務だろうと決めつけず、選択肢の一つには入れておいても良いかもしれません。

ベンチャー企業

残業度:★★★★★

最後に、ベンチャー企業への転職です。

こちらは、残業なしという会社はほぼありません。

求人案件によっては残業時間20~30時間という会社もあるのですが、それは単なる過去情報です。鵜呑みにしてはいけません。

これから成長するぞ!という会社で、残業なしで帰るという空気はまず有り得ません。

また、会社規模がとても小さいため、突発事項が頻発します。
たとえば、他部署を兼務することになった等。
そんな時に残業が増えるのは、想像に容易いですよね。

とはいっても、スタートアップから会社の成長を見れるのは、非常に良い経験であることに間違いはないです。

穴場の転職先

残業度:★☆☆☆☆

私のオススメの転職先を、1つご紹介します。

それは、「学校法人の経理部員」です。

私は監査法人時代に、いくつかの学校法人の監査をすることがありました。
そちらの経理の方々は、非常にのびのびと仕事をされている方が多かった印象があります。

監査で遅くまで残っていても、学校の方は先に帰っていたりしますからね。
繁忙期も早く上がれてしまうのです。

学校法人の監査に携わった方なら分かると思いますが、学校法人は平均してゆったり仕事をできる環境にあります。

朝が少し早いのがデメリットですが、逆に夜も早く帰れますし、残業は少ないです。
年間を通して残業なし、という法人も多いです。

実は、大学職員って新卒の採用倍率が非常に高いです。
理由は上述のとおりです。

経理職は中途しか採用しない、という学校が多い印象なので、会計士にとっては良い案件かなと思います。

オススメの転職方法

残業なしの会社を洗い出すには、転職エージェントを利用すると効率的です。

会計士の利用率が最も高いのが、マイナビ会計士ですね。

理由はかんたんで、非公開求人を大量に保有しているからです。
彼らを積極的に利用することで、一般の人たちが知り得ない情報をえられます。

特に、残業なしの転職先は人気です。
早めにエージェントへ登録しておくことで、人気案件を先取りできますね。