公認会計士・税理士の藤沼です。

32歳で監査法人から転職し、33歳で独立しました。

独立は予定外でしたが、結果的に上手くいった為、転職は失敗ではなかったんだと思います。

今回は、私の転職体験・同僚会計士へのインタビューを元に、30代会計士の転職についてお話します。

※  私はキャリアのプロではありませんので、あくまで1つの参考資料として、読んでいただけたら幸いです。

この記事を書いた人

藤沼 寛夫

藤沼 寛夫

35歳
公認会計士・税理士

2014年 EY新日本監査法人 入社
2018年 FAS系コンサル事務所 入社
2019年 藤沼公認会計士事務所 開業

 

30代で監査法人から転職する会計士は非常に多い

30代で監査法人から転職する会計士は非常に多い

30代で転職する人は、どのくらいいるのか?

その統計データが存在します。

公認会計士協会のアンケート調査によれば、監査法人から転職した会計士の50%以上が、30代の会計士でした。

 監査法人からの転職時の年齢

 

監査法人から転職した時の年齢

(引用:組織内会計士ネットワークのアンケート調査

具体的には、30~35歳で転職する会計士が35%、36~40歳で転職する会計士が16%です。

逆に、41歳以上で転職される方は全体の12%と低く、転職市場での価値下落と比例したものと推察されます。

※ この割合は、転職した会計士に対する割合です。

 

なお参考までに、監査法人を辞めた際の「実務経験年数」についてもアンケート結果があります。

 転職時の監査法人での経験年数

 

転職時の監査法人での実務経験年数

5年以内に監査法人を辞める会計士が(全転職者の)約43%です。

また約8割の会計士が、10年以内に辞めているようです。

30代かつ監査法人歴10年以内というのが、「転職するタイミング」として最も多いようです。

 

30代の会計士におすすめの転職先

30代の会計士におすすめの転職先

会計士の転職先は全12種あります。

ここでは私の転職経験とインタビューをもとに、大きく4つのニーズに分けて転職先をご紹介します。

(私自身が全業種を体験したわけではないため、あくまで傾向としてご参考いただければ幸いです)

 

 4つのニーズ

ちなみに私自身の職歴を少しお話すると、

  • EY新日本有限責任監査法人4年半
  • FAS系の会計事務所1年弱
  • 独立(3年目)

という職歴です。

 

① やりがい・スキルアップ重視

やりがい又はスキルアップを重視される方には、次の転職先がオススメです。

  • FAS
  • BIG4のアドバイザリー
  • 税理士法人
  • 会計事務所
  • ファンド、投資銀行

私たち会計士が得られる「会計・監査以外の専門的スキル」は、大きく「ファイナンス」と「税務」の2つに分けられます。

このいずれか(又は両方)を経験できるのが、上記の転職先です。

 

ただ、一点だけご注意ください。

一般的に、新たな分野に進めるのは30代前半までと言われており、35歳以降になると「今までの経験」が問われる傾向にあります。

これについては後述しています。

 

FAS

FASは、会計士としての「やりがい」を大きく感じる転職先です。

なぜなら会計士業界でのコンサルと言えば、まずFASを指すからです。

私自身も「やりがい」を求めてFASに転職しましたが、確かに、監査にはない面白味を強く感じ、短期間で大きくスキルアップできたと感じます。

FASにも種類がありますが、財務DD及びバリュエーション業務であれば、会計士の専門性をすぐに活用できるため、即戦力として働くことができます。

中堅FASであればクライアント規模が小さくなり、更にクライアントの距離を近く感じます。

「ファイナンス」の専門性を身に付けることができるため、大きなスキルアップも期待されます。

ただし、FASは全体として忙しい(激務な)業界です。

やりがいはあるため監査の忙しさとは質が異なりますが、この点は覚悟すべだと思います。

 

BIG4のアドバイザリー

BIG4でもFASを提供しており、最先端のFASを知りたければBIG4一択だと思います。(後述しますが、一応投資銀行でも最先端を知ることはできます)

実際、私がFASに転職した際にもBIG4FAS出身者がいましたが、知識・経験がとても重宝されていました。

中堅以下の組織はどこもそうですが、「大手がどのような処理を行うのか」という知見は非常に重宝されます。

こちらも非常に激務ですので、「定年まで勤める」という方にはオススメできませんが、やりがい・ファイナンスのスキルアップを目的とされる方にはオススメです。

 

税理士法人

「法人税務」の専門性を高めたいのであれば、税理士法人がオススメです。

FASとは違い「やりがい」を大きく感じるフィールドではありませんが、法人クライアントに係る税務スキルは高いレベルで身に付きます。
>>関連記事:税理士法人への転職【更新中】

監査法人+税理士法人での経験により、法人の会計・税務の専門性を高めることができるため、例えば上場会社経理マネージャーのポジション等のキャリアが開かれます。

 

会計事務所

会計事務所では、FAS及び税務(個人クライアントを含む)に幅広く触れます。

ざっくりとしたイメージとしては、FASと税理士法人の中間のようなイメージです。

ただし 「税理士」が所長の会計事務所では、税務しか扱わないケースもあるためご注意ください。

FASや小さな税理士法人よりも更にクライアント規模が小さいため、クライアントへの貢献度合いを強く実感できるのも特徴です。

大手監査法人のような、プロジェクトのダイナミックさはありませんが、小規模ゆえの面白味があります。

 

ファンド、投資銀行

ファンド及び投資銀行では、ファイナンスの専門性を身につけることができます。

年収水準も非常に高く、ファイナンスの分野では1つの「ゴール」と見ることができますが、かなりの激務です。(一部ファンドを除く)

なお、ファンド及び投資銀行への転職のハードルは非常に高く、30代中盤での採用率はかなり低いようです。

特にファンドでは前職にファイナンス関連の経験がなければ、書類通過さえも難しいため、誰でも転職できるわけではありません。

 

② ワークライフバランス重視

ワークライフバランスを重視するのであれば、オススメは次の2つの転職先です。

  • 経理
  • 中小監査法人(一部)

なお ワークライフバランスを重視した転職先については、ワークライフバランスを取り戻せる会計士の転職先と、その探し方で詳しく解説していますので、こちらもご参考ください。

 

経理

全転職先の中で、最も残業時間が少ない傾向にあるのが 経理です。

残業時間は、繁忙期以外なら月5~10時間程度という会社も多く、公私ともに安定しやすいでしょう。

また、経理では監査法人での経験を高く評価されやすく、監査経験をフルに活用できる転職先です。

ただし、「組織の雰囲気」は会社によって大きく異なりますので、入念なリサーチが必要な点にご注意ください。

 

中小監査法人(一部)

大手監査法人で働いていると、監査=激務 というイメージが定着しがちです。

しかし、それはBIG4に限った話であり、中小監査法人では必ずしも激務ではありません。

それどころか、非常に残業の少ない監査法人も存在します。

なぜここまで断言できるのかと言うと、私が今契約している監査法人が正にそうだからです。

実際に働いてみて驚きました。

ここまでWLBの取れた監査法人は少ないと思いますが、探せば必ずあります。

 

③ 会計事務所として独立志向がある

会計事務所の開業を視野に入れている方は、会計事務所一択だと思います。

現に私自身も会計事務所を運営していますが、「もう少し会計事務所を経験すれば良かった」と強く実感しています。

会計事務所での経験・スキルは、将来の自分の事業に直結します。

また、会計事務所は基本的に組織規模が小さいため、比較的早い段階から経営に関与できる可能性があり、組織運営の知見が身に付く点もポイントです。

 

④ とにかく今の監査法人を辞めたい

「とにかく今の監査法人を辞めたい」という方には、次の転職先がオススメです。

  • 経理
  • FAS
  • 中小監査法人

この3つの転職先は、転職先を見誤るリスクが低い(又は、見誤ったとしても失敗するリスクが低い)転職先だからです。

 

経理

経理は、「監査法人での労働時間の多さに疲れた」という方にオススメです。

なぜなら、経理は他の求人とは異なり「求人票における残業時間」と「実際の残業時間」にズレが生じにくいからです。(絶対にズレない、という訳ではありません)

ベンチャー経理などを除けば、上場経理は毎月のルーティンワークがある程度決まっています。

突発事項がない限り、毎月の残業時間を予測しやすく、「実際に入ってみたら忙しかった」というリスクが低いのです。

 

FAS

FASは、「監査以外の経験がしたい」という方にオススメです。

FASではファイナンスのスキルを身に付けることができるため、会計士としてキャリアの幅を大きく広げることができます。

税理士法人などで「税務スキル」を身に付けるのも良いですが、税務分野は税理士のフィールドであることも重なり、FASと比較するとキャリアはやや狭いと感じます。

財務DDを足掛かりに、バリュエーションやPMIなど、よりファイナンス色の強いフィールドでのキャリアアップが期待できます。

 

中小監査法人

「特にやりたいことは無いが、とくにかく大手監査法人を辞めたい」という方には、中小監査法人をオススメしたいです。

私は大手監査法人と中小監査法人の両方を経験しましたが、良い意味で、全く環境が違うと感じました。

もちろん組織が違うので、環境が違うのも当然です。しかし、大手か中小かという点でも大きく違いを感じています。

中小監査法人に転職すると、大手での経験がフル活用されます。

特に「大手での最新の監査ロジック」は、中小において非常に重宝されます。(準大手監査法人はまた別かもしれませんが)

大手で培った最新の監査メソッドを、中小で活かすのも大いにアリです。

 

30代の会計士が転職時に考えるべきこと

30代の会計士が転職時に考えるべきこと

私は慎重すぎる性格故、転職までに1年もかかってしまいました。

その時に知った知見や悩み、その後転職してみて分かったことをお話したいと思います。

 30代の会計士が転職時に考えるべきこと

  1. 方向性をある程度考えておく
  2. 30代後半では即戦力が求められやすい
  3. 最悪、30代までなら5回まで失敗できる

 

① 方向性をある程度考えておく

30代会計士の求人はとても多く、市場価値は非常に高いです。

しかし40代になると求人が一気に減り、先述のとおり、転職する会計士は1割程度にまで減少します。

「辞めたくても辞められない」という状況が、最悪のケースとして想定されます。

そのため、30代のうちにご自身の方向性をある程度考えておくべきだと思います。

先述のとおり、大きな方向性としては「会計」「監査」のほかに「FAS」「税務」があります。

しかし、何もそれらの道を究める必要はありません。

2つの専門スキルを掛け合わせることで、個人としての希少価値が高まるからです。

たとえば、監査に加えてFASでのM&A経験を得れば、上場企業のM&Aチーム等のポジションが狙えるようになります。

必ずしも、今決めた専門性1本で生きていくわけではありません。

再び転職をする可能性も十分ありますから、「大まかな方向性」だけでも決めておくと良いと思います。

 

② 30代後半では、即戦力が求められやすい

新しい武器を手に入れるなら、30代前半までが1つの目安です。

なぜなら30代後半になると、即戦力としての採用が求められるからです。

そのため、できれば新たな挑戦は30代前半までにしておく必要があります。

もちろん30代後半でも新たな挑戦はできるのですが、かなり業種が限定されると思います。(会計士・税理士の多い環境であれば、理解されやすい風潮があります)

 

③ 最悪、30代前半なら5回まで失敗できる

会計士は少し特殊なようで、転職回数が5回程度までなら、経歴としてさほどマイナスに見られないようです。

「専門家としてスキルアップしている」というような、良い見られ方をするケースが多いからだそうです。

確かに、私自身転職をしてみると、自分よりも転職回数の多い会計士はたくさんいました。

もちろん失敗はできる限り避けたいですが、(少なくとも経歴面では)転職回数はそこまで問題にならないため、転職への前向きなマインドが大切だと思います。

 

30代会計士の転職難易度

30代会計士の転職難易度

30代の会計士にとって、転職難易度はとても低いです。

ご存じのとおり、大手監査法人では人手不足の傾向がありますが、会計士の転職市場においてはその傾向が更に強いのです。

たとえば私は32歳で大手監査法人から転職しましたが、書類選考は10社中9社通過し、面接を受けた企業はすべて内定を得られました。

私がレアケースなのではなく、他の記事でインタビューさせて頂いた会計士陣も、漏れなく同様の回答でした。(投資銀行・PEファンドへ転職された方だけは別ですが)

市場での需要が高い今が、年収を大きく上げるチャンスでもあります。

 

30代会計士にオススメの転職エージェント

30代 会計士にオススメの転職エージェント Top 3

No.1 マイナビ会計士
業界最大手! 公認会計士向けの求人数はNo.1
No.2 ジャスネットキャリア
士業に特化したエージェント。 会計事務所・コンサルに強い
No.3 MS-Japan
管理部門に特化したエージェント。 事業会社に強い

私が転職した際は、マイナビ会計士を利用しました。

唯一の会計士専門エージェントであり、求人数が最も多く、たくさんの選択肢を提供してもらえたからです。

他にも計20社近くのエージェントを使ったのですが、結局、サービスの良さからこの1社に落ち着きました。

誤った転職エージェントを選ぶと、転職に失敗するおそれがあります。

ぜひ正しいエージェントを選び、最適なキャリアを見つけてくださいね。