公認会計士・税理士の藤沼です。

会計系での転職を考えている方にとって、「転職エージェント選び」は悩みどころです。

そこで今回は、会計系エージェント 人材ドラフト の評判・口コミを紹介します。
人材ドラフトの総合評価
  1. 求人数     : (4/10)
  2. 情報の詳細度  : (7/10)
  3. サポート力   : (8/10)
  4. 対応のスピード : (10/10)
  5. 評判・口コミ  : (7/10)
  6. 総合評価    : (7/10) 

(参考:当サイトの評価基準

この記事を書いた人

藤沼 寛夫

藤沼 寛夫

35歳
公認会計士・税理士

2014年 2月 EY新日本監査法人 入社
2018年 7月 FAS系コンサル会社 入社
2019年10月 藤沼会計事務所 開業

中小企業様向けに、M&A / 監査 / AUP 等のサービスを提供しています。

 

人材ドラフトとは?

人材ドラフトとは?

人材ドラフトは、会計事務所などの「会計業界」に特化した転職エージェントです。

主なサービスの概要は、次のとおりです。

人材ドラフトの主なサービス概要

 求人検索有り
 面談有り(Zoomも可)
 履歴書・職務経歴書の添削有り
 面接対策有り
 各種、条件交渉の代行有り
 利用料無料

上記のとおり、人材ドラフトは一般的な転職エージェントに求められるサービスの基準を満たしています。

次に、他の転職エージェント・転職サイトと比較するために、人材ドラフトの専門分野・特徴を解説します。

 

① 専門分野・特徴

人材ドラフトの専門分野・特徴

人材ドラフトの専門分野は、「会計系」「税務系」の求人です。

実際に求人を数えてみると、特に「会計事務所」「税理士向け」の求人が(他のエージェントに比べて)多いことが分かりました。

また、他の会計系エージェントにはない特徴として、「企業オファー」というサービスがあります。

企業オファーとは、求職者が登録した情報に対して、企業側から採用のオファーを送るというものです。

通常、転職活動は求職者が求人を見て応募するところからスタートしますが、企業オファーでは企業側によるオファーから活動が始まります。

このため、「求人などを見る時間がない方」「転職に自信がない方」には良いサービスかもしれません。

ただし、企業オファーには気を付けるべき点があります。(詳しくは、人材ドラフトを実際に利用した感想 で後述しています。)

 

② 求人数

人材ドラフトの求人数

人材ドラフトのHPを確認すると、「業界最大級の求人案件数!!」と記載がありました。

本当にそうでしょうか?

実際に登録し、求人数を数えてみました。

人材ドラフトの求人検索画面

人材ドラフトの保有する求人数

  • 東京  : 515件
  • 東京以外: 736件
  • 合計  :1,251件

(2022年4月1日現在のデータ)

※ こちらは、あくまでHP上からわかる求人数になります。

決して少なくはないものの、「最大級」かというと疑問が残る結果でした。

なお、求人数の内訳・詳細は、人材ドラフトで取り扱っている求人で後述しています。

 

③ その他 概要

その他、人材ドラフトの基本情報は次のとおりです。

運営会社株式会社人材ドラフト
設立年2000年7月18日
資本金34,000,000円
本社東京オフィス
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-14-3
MT-O神保町6階
支店大阪オフィス
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル9階
関連会社無し
関連サービス無し
分類転職エージェント

人材ドラフトはサービス開始より20年以上の歴史があり、会計系エージェントの中でも規模はやや大きめの組織です。

次に、人材ドラフトを利用した方による評判・口コミを見てみましょう。

 

人材ドラフトの良い評判・口コミ

人材ドラフトの良い評判・口コミ

実際に人材ドラフトを利用した方に、アンケート調査を実施しました。

なお、人材ドラフトは(大手の転職エージェントに比べると)利用者が少なく、評判・口コミ数もあまり多くありませんでした。

まず「良い評判・口コミ」から見てみましょう。

 

① 地方の会計事務所の求人が多かった

公認会計士Aさん

Aさん

  • 年齢  :31歳(転職時)
  • 保有資格:公認会計士
  • 転職先 :大手監査法人 → 地方会計事務所
  • 評価  :★★★★☆( 4.0 )

「 実家が税理士事務所を経営しており、将来自分が継ぐことになるため、修行のできる会計事務所を探した。
また、実家が地方にありクライアント規模が小さいことから、同様に地方での会計事務所を探していた。
人材ドラフトには、比較的地方の会計事務所の求人が多く感じ、結果的に人材ドラフトから転職を決めた。
サービス面で多少の不安はあったものの、転職結果には満足している。」

 

② 求人を見つけやすかった

税理士科目合格者Bさん

Bさん

「 大学卒業後、2年ほど税理士試験の受験をし、簿財の2科目に合格してから会計事務所に就職した。
しかし、「税理士試験の勉強をしながら仕事ができる会計事務所」は当時少なく、妥協した就職先であった。
その後は法人税・消費税に合格し、もっと自分を評価してくれる税理士法人へ転職した。
人材ドラフトでは、税理士系の求人が多いように感じ、ヒマな時に求人検索を使っていた。
興味のある求人があればエージェントに問い合わせ → 詳細を聞く、という形で使わせてもらった。
キャリアプランの提案などはなかったが、求人を気軽に探せるという点では評価できる。 」

 

③ 未経験でも会計事務所に転職できた

日商簿記2級取得者Cさん

Cさん

  • 年齢  :35歳(転職時)
  • 保有資格:日商簿記2級
  • 転職先 :一般企業(人事) → 会計事務所
  • 評価  :★★★★★( 5.0 )

「 大学卒業から約10年に渡って、人事部で給与計算に携わっていた。
仕事柄、会計に携わる機会があったが、自分は会計のプロフェッショナルではないため「なぜこの仕訳を切るのか」が分からずにもどかしい事があった。
そこで簿記2級を取得し会計業界への転身を考えたが、思った以上に「年齢」と「未経験者」の壁は厳しかった。
未経験者OKでこの年齢でも採用してくれる企業を紹介してくれたのが、人材ドラフトだった。
会計事務所系に強いらしく、業界の知識がない私に丁寧に業界の知見を教えてくれた。
同じ未経験者の方にはオススメできる転職エージェントです。 」

 

④ 求人票に写真が多い

その他、SNSでは次のような良い評判がありました。

確かに、求人票に写真が掲載されているため、なんとなくオフィスの雰囲気が伝わってきます。

ただし、写真のみで雰囲気を確認するのは危険ですから、必ず「カジュアル面談」「面接」において自分の目で確かめるようにしましょう。

 

人材ドラフトの悪い評判・口コミ

人材ドラフトの悪い評判・口コミ

続いて、人材ドラフトの「悪い評判・口コミ」を見てみましょう。

※ 掲載されている口コミは、あくまで個人の感想です。

 

① 求人が少なく、あまり選べなかった

公認会計士Dさん

Dさん

  • 年齢  :31歳(転職時)
  • 保有資格:公認会計士
  • 転職先 :大手監査法人 → 上場経理
  • 評価  :★★★☆☆( 3.0 )

「 正直、経理志望の方にはあまりオススメできない。というのも、経理向けの求人が少ないのでは?と感じることがあった。
同じ会計士の利用者もいるようだが、おそらく会計事務所に転職する人が多いと思う。
どちらかというと会計士・税理士向けというよりも、会計事務所に転職したい人向け、というエージェントだと感じた。
転職活動のフェーズが進むにつれ、徐々に利用しなくなった。 」

 

② あまり希望を聞いてもらえなかった

税理士Eさん

Eさん

  • 年齢  :34歳(転職時)
  • 保有資格:税理士
  • 転職先 :大手税理士法人 → 都内会計事務所
  • 評価  :★★☆☆☆( 2.0 )

「 税理士として、いずれは事務所の代表ポジションを考えていた。
都内でも事務所所長の高齢化が進んでいるためそのようなポジションを求めたが、あまり紹介してもらえなかった。
求人が無いなら無いと言ってほしかったが…理由もよく分からなかった。
そのほかの求人は色々と紹介してもらえたが、希望する求人を紹介してもらえず、本当に理解してもらえているのか?と疑念を抱くこともあった。 」

 

③ スカウト機能があまり役立たなかった

日商簿記1級取得者Fさん

Fさん

  • 年齢  :31歳(転職時)
  • 保有資格:日商簿記1級
  • 転職先 :上場経理 → 会社法経理
  • 評価  :★★☆☆☆( 2.0 )

「 経理志望のため、登録後にもエージェントにはそのように伝えていた。
特にスカウト機能には期待していたが、なぜか経理以外のスカウトメールが沢山届いた。
おそらく、こちらの希望を見ずに経歴だけ見て一斉送信しているのだろうと思う。
担当のコンサルタントの方は丁寧だったが、スカウト機能にはあまり期待をしない方が良いと思った。 」

 

④ 「気になる」を信用しない方が良い

その他、SNSでは次のような口コミがありました。

人材ドラフトでは、企業側から(自分の履歴書に対して)「いいね(気になる)」をもらう機能があります。

しかし、会計事務所が手あたり次第送信している印象が強く、あまりサービスとして機能していないのかもしれません。

 

⑤ 現在募集していない事務所も掲載されている

希望の条件で検索すると、(一見たくさん求人があるように見えても)実は募集していない、というケースがあるようです。

これでは、転職活動にムダな時間をかけてしまう可能性があります。

 

人材ドラフトを利用するメリット

人材ドラフトを利用するメリット

人材ドラフトを利用するメリットは、2つあります。

  1. 気楽に求人を探せる
  2. 「気になる」を送受信できる
  3. 求人検索のメニューがやや多め

簡単に解説します。

 

① 気楽に求人を探せる

気楽に求人を探せる

転職エージェント・転職サイトでは、(極端に規模の小さなエージェントを除き)「求人検索機能」を使うことができます。

人材ドラフトにも求人検索機能があり、いつでも誰でも使うことができるため、気軽に求人を探せるというメリットがあります。

ただし 後述しますが、人材ドラフトでは取り扱う求人数がかなり少ないため、利用の際は「傾向を知る」程度に利用されることをオススメします。

 

② 「気になる」を送受信できる

「気になる」を送受信できる

人材ドラフトに登録・ログイン後、採用企業に対して「気になる」を送ることができます。

SNSやマッチングアプリで言うところの「いいね」のようなイメージです。

また、これは採用企業側から受け取ることもあり、お互いに「気になる」を送り合うと「両想い」になるシステムです。

面白い仕組みではありますが、これはあくまでラフなマッチングである点に留意してください。

先述の口コミにもありましたが、「気になる」が届いたからといって、必ず採用してもらえるわけではありません。

なお、以前は「逆指名」というシステムもあったそうですが、現在は廃止されています。(表現が誇大であったことが理由と推察)

 

③ 求人検索のメニューがやや多め

求人検索のメニューがやや多め

「詳細条件」から選択することで、より詳細な条件で求人を選ぶことができます。

たとえば「残業なし・少なめ」「テレワーク(在宅)推奨」の求人などを選ぶことができ、働きやすい求人を見つけやすいと感じます。

 

人材ドラフトを利用する際の注意点

人材ドラフトを利用する際の注意点

人材ドラフトを利用する場合、次の3点に注意する必要があります。

  1. 求人数がやや少ない?
  2. スカウト(オファー)機能に期待してはいけない
  3. 中小の事務所が中心

簡単に解説します。

 

① 求人数がやや少ない?

求人数が少なすぎる

人材ドラフトの求人数は、全1,251件です。(2022年4月1日現在)

決して少ない求人数ではありませんが、多くもありません。

転職活動を成功させるためには、「より多くの選択肢の中から選ぶ」ことが最も大切です。

なぜなら、少ない求人の中から選んでしまうと、「より良い求人」を逃す可能性があるからです。

人材ドラフトを利用する際には、あまり本気で求人を吟味せず、求人の傾向を掴む程度で利用することをオススメします。

 

② スカウト(オファー)機能に期待してはいけない

スカウト(オファー)機能に期待してはいけない

先述の 悪い評判・口コミ にもありましたが、スカウトメールが来ても採用されるわけではありません。

なぜなら、スカウトをしている企業側は「履歴書」だけを見て一斉送信しているケースがあり、相性・人柄などは度外視されているからです。

特に、会計事務所業界は慢性的な人手不足であり、手あたり次第に「いいね」を推している事務所もあるようです。(もちろん、全ての事務所がそうではありませんが)

人材ドラフトを利用する際は、スカウト機能に頼りすぎず、能動的に転職活動を進める必要があるでしょう。

 

③ 中小規模の事務所が中心

中小規模の企業・事務所が中心

人材ドラフトで扱っている求人は、その多くが中小規模の会計事務所・税理士法人です。

そのため、相対的に大企業の求人数が少なく、大手企業への営業力・提案力も弱い可能性があります。

事業会社、監査法人、金融系など、組織規模の大きな企業に転職を考えている方は、大手エージェントを検討すると良いでしょう。

 

人材ドラフトで取り扱っている求人の傾向

人材ドラフトで取り扱っている求人

実際に人材ドラフトの求人検索システムを利用し、取り扱っている求人の種類を集計してみました。

結果は次のとおりでした。

職種
  • コンサルティング会社
    FAS / その他会計アドバイザリー / 事業再生 / 内部統制 / フォレンジック / 経営コンサル / IPOコンサル
  • 事業会社
    経理部・財務部 / 内部監査 / 経営企画部 / ベンチャー / CFO / 監査役
  • 会計事務所・税理士法人
    税務顧問・記帳代行 / 相続税・資産税 / 国際税務・海外進出支援
  • 監査法人
    大手監査法人 / 中小監査法人
  • 金融系法人
    銀行・投資銀行 / 証券会社 / ファンド
  • その他

 

資格公認会計士 / 税理士 / 税理士科目合格者 / USCPA / 簿記1級 / 簿記2級 / 簿記3級
対応エリア
北海道青森岩手宮城秋田山形福島茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
雇用形態正社員 / 契約社員 / 業務委託 / パート・アルバイト
未経験者OKやや多め
管理職の求人
英語力を活用
新卒/第二新卒OKやや多め

(2022年4月1日現在のデータ)

人材ドラフトで取り扱っている求人は、会計系の業種をすべて網羅できており、全国の求人を取り扱っています。

ただし、外資系の求人や未経験者向けの求人はやや少ない傾向にあります。

 

人材ドラフトを実際に利用した感想

人材ドラフトを実際に利用した感想

先述のとおり、人材ドラフトの大きな特徴として、「企業オファー」というサービスがあります。

私はこのサービスに期待して、人材ドラフトに登録しました。

初めは「待っていれば内定がもらえる」と期待していたのですが、実際は少しイメージと異なりました。

確かにオファーのメールはたくさん来るのですが、、、明らかにコピペしたようなオファーが多く来るのです。

採用側企業も、採用にかける時間・コストは限られています。

そのため、(特に人員が不足しているような企業では)手あたり次第オファーを送りまくっているのだろうと思います。

実際にオファーは来るものの、自分の経歴・中身をあまり見ずにオファーを送ってくるため、「自分と相性が良いか」という点で注意する必要があると感じました。

くれぐれも、オファーが来たからといって「自分に興味を持ってくれているんだ!」と勘違いしない方が良いです。

 

人材ドラフトをオススメできる人

人材ドラフトをオススメできる人

人材ドラフトは、次の方にオススメです。

  1. すでに応募する企業が決まっている方
  2. 今すぐ転職する気はない方

以下、解説します。

 

① すでに応募する企業が決まっている人

すでに応募する企業が決まっている人

「応募する企業」が決まっているのであれば、あとは求人票を探すだけです。

そんな時の選択肢として、人材ドラフトを使うのは有効です。

特定の転職エージェント・転職サイトでのみ求人を出しているケースもある為、できるだけ多くの転職エージェント・転職サイトを利用すべきでしょう。

なお、どこを探しても求人が見つからない場合、「直接応募」という最終手段が残されています。

そもそも中途採用をしていないケースもありますが、(どうしても応募したい企業がある場合は)ダメ元でも応募してみるべきです。

 

② 今すぐ転職する予定はない人

今すぐ転職する予定はない人

求人を眺めるだけなら、人材ドラフトはすぐに利用できます。

「今すぐ転職する気はないけど、求人を眺めてみようかな」という方は、利用しても良いでしょう。

ただし、大手エージェントに比べて求人数が極端に少ないため、この点はご留意ください。

 

人材ドラフトをオススメできない人

人材ドラフトをオススメできない人

次の方には、人材ドラフトはあまりオススメできません。

  1. たくさんの求人の中から、選びたい方
  2. 転職が初めての方

解説します。

 

① たくさんの求人の中から、選びたい人

たくさんの求人の中から、選びたい人

先述のとおり、人材ドラフトの求人数は(他社と比較すると)少ないです。

転職で失敗しないためには、企業とのアンマッチをできる限り回避する必要があります。

多くの求人の中から選ぶことで、相性の良い企業が見つかる確率は上がります。

転職活動を成功させるために、「たくさんの求人の中から選びたい」という方には、人材ドラフトはオススメできません。

 

② 転職が初めての人

転職が初めての人

先述のとおり、人材ドラフトは(他のエージェントに比べて)利用者数が少ないため、提示される「キャリアプラン」の数も少なくなります。

特に、転職が初めての方はキャリアプランが明確でないケースがほとんどですから、転職エージェントによる「キャリアカウンセリング」が非常に重要です。

※ キャリアカウンセリングとは、求職者に最適な職種・業種を探索するプロセス(支援)をいいます。

この点、転職実績の多いエージェントであれば、(基本的には)キャリアカウンセリングのレベルも上がります。

そのため、転職が初めての方は もう少し規模の大きな転職エージェントを選ぶべきです。

 

人材ドラフトの総合評価

【6位】人材ドラフトの評判と口コミをご紹介【+会計士が利用した感想】

人材ドラフトの総合評価は、次のとおりです。

人材ドラフトの総合評価
  1. 求人数     : (4/10)
  2. 情報の詳細度  : (7/10)
  3. サポート力   : (8/10)
  4. 対応のスピード : (10/10)
  5. 評判・口コミ  : (7/10)
  6. 総合評価    : (7/10) 

(参考:当サイトの評価基準

人材ドラフトの利用を考えている方は、必ず、他の転職エージェントも使うべきです。

なお、資格者別に転職エージェントをまとめていますので、こちらもご参考ください。