公認会計士・税理士の藤沼です。

独立を考えている会計士の方から、よくご相談を受けます。

  • 転職すべきか、独立すべきか。
  • 独立するための転職先は、どこが良いか。

今回は、会計士としての「独立」にフォーカスし、(あくまで私なりの)アドバイスを載せたいと思います。

 本記事を読むメリット

  • 独立向きの転職先が分かる
  • 独立には2パターンあることが分かる

私自身も転職・独立を経験していますので、少しでもご参考になる情報が提供でたら幸いです。

この記事を書いた人

藤沼 寛夫

藤沼 寛夫

35歳
公認会計士・税理士

2014年  2月 EY新日本監査法人 入社
2018年  7月 FAS系コンサル事務所 入社
2019年10月 藤沼会計事務所 開業
2020年  4月 税理士登録
2020年10月 アカウントエージェント株式会社 設立

 

会計士の独立には、2パターンある

会計士の独立には、2パターンある

まず念のため、会計士の独立パターンを確認しておきます。

大きく分けて2種類です。

 会計士の独立パターンは2つ

  1. 会計事務所を開業
  2. 会計税務以外のビジネスで起業

私は2つを両立していますが、通常はどちらかのパターンで独立します。

 

1.会計事務所の開業

会計士の一般的な独立方法が、会計事務所の開業です。

会計事務所としての主なサービスは、次のとおりです。

 会計事務所としての主なサービス

  • 記帳代行
  • 確定申告
  • 税務顧問
  • FAS
  • 会計監査・月次監査

独立後の業務については「会計士 独立【更新中】」で細かく解説しています。

私自身も  東京都墨田区で会計事務所を開業し、主に税務顧問・FAサービスを提供しています。

 

2.会計税務以外のビジネスで起業

会計税務以外の転職先での経験を活かし、起業する方もいます。

転職先で様々なビジネスに触れることで、

  • ビジネス全体の流れ
  • ビジネス醸成のパターン・アイデア
  • 特定のマーケットの状況

が分かるようになる、と考えられます。(あくまで私の推論ですが)

後述しますが、特にPEファンドでは自身がプリンシパルとなることから、(会社員でありながら)かなり経営者に近い視点が磨かれます。

 

独立を視野に入れた会計士に適した転職先とは

独立を視野に入れた会計士に適した転職先とは

先述のとおり、会計士の独立パターンは2種類あります。

  1. 会計事務所を開業する
  2. 会計税務以外のビジネスで起業する

いずれを目指すのかによって、転職先も変わります。

 

1.会計事務所を開業するための転職先

会計事務所の開業を目指す場合、次の転職先が向いていると考えられます。

 会計事務所としての独立に最適な転職先

  1. 会計事務所
  2. 国内系FAS

 

① 会計事務所

会計事務所を開業する予定があるなら、会計事務所への転職が最もオススメです。

転職先となる会計事務所の代表者こそ、将来の自分の姿であり、身近でビジネスマインドを吸収することができます。

また、「代表の後継者候補」として会計事務所に転職し、そのまま事務所を引き継ぐケースもあります。(私の知人の会計士のケース)
>>関連記事:会計事務所に転職した会計士のリアルを全公開

なお、会計事務所には 代表者が「税理士」のケースと「公認会計士」のケースがあります。

代表者が税理士の事務所では、「相続税」等のレアな税務を学べる可能性があります。

代表者が公認会計士の事務所では、「FAS」を提供するケースがあり、税務と同時にFASの知見も得ることができます。

自身が 税務中心で稼ぎたいのか、会計とバランスよく稼ぎたいのか、転職前に志向を明確にしておくことをオススメします。

 

② 国内系FAS

税理士業務以外にも武器を身に付けたい方には、「小~中規模の国内系FAS」もアリかもしれません。

私自身も 国内系FASに転職しましたが、チーム編成は2~3名、クライアント規模もわりと小さく、独立後の働き方をイメージするにはピッタリでした。

ただし、あくまで(一般的に)独立後の柱となるのは「税理士業務」ですから、サブとなる武器を身に付ける手段として捉えておくのが良いかもしれません。

なお、規模の大きなFAS(M&Aセンターや山田など)では、特定の分野・大口のプロジェクトに関与することになるため、あまり独立向きではないと感じます。

国内系FASについては、FASに転職した会計士が、仕事内容とキャリアを話しますで細かく解説しています。

 

2.会計税務以外のビジネスで起業するための転職先

会計税務以外のビジネスで起業する方には、次の転職先が候補に挙がります。

 起業を目指す場合の転職先

  1. PEファンド
  2. 戦略コンサル
  3. 投資銀行
  4. ベンチャーCFO
  5. 経営企画

上記は 私の偏見ではなく、夫々で働く会計士へのインタビュー結果から得られた結論です。

上記5つの転職先を「独立」という視点から解説します。

 

① PEファンド・戦略コンサル・投資銀行

PEファンド・戦略コンサル・投資銀行の共通点は、「多種多様なビジネスに触れられる」点です。

世の中には、無限にビジネスが存在します。

  • どのフィールドで自分の強みを最大限に生かすことができるのか
  • どのフィールドに旨味があるのか

これらを知り、最適解を導いた上で起業するには、多くのビジネスに触れる必要があるでしょう。

現時点で起業すべき分野が決まっていない方は、上記3種の転職先を候補にしてはいかがでしょうか。

>>関連記事:PEファンドに転職した会計士の記事
>>関連記事:戦略コンサルに転職した会計士の記事
>>関連記事:投資銀行に転職した会計士の記事

なお、この中で最も起業向きと思われるのが、PEファンドです。

理由は、実際にPEファンドから起業する会計士が多いからです。

ファンドでは 自社がプリンシパルとなって投資に関与しますから、各経営陣との距離が最も近く、ビジネスマインド(ストレートに言えば金儲けのマインド)が強く醸成されるのでしょう。

また  上記3種での経験を活かし、経営コンサル会社を起業する 等の選択肢もあります。

 

② ベンチャーCFO・経営企画

ベンチャーCFO・経営企画の共通点は、「一企業に属し、経営に関与できる」点です。

PEファンド・戦略コンサル・投資銀行とは異なり、他業種ビジネスを知ることはできません。

しかし、既に参入したいフィールドがある場合、一企業にジョインできる点は大きな強みになります。

ちなみに、私は Webマーケティング会社を運営していますが、マーケティングの世界で働いたことがありません。

様々なツテを駆使して情報収集をしていますが、やはりライバル企業がどのような分析・戦略を取るのか、どの程度の収益性が見込まれているのか、等は非常に気になります。(というか、知らないとビジネスになりません)

そのため  企業に属し、特定の分野で経営に携われるというのは、将来の独立に大きく役立ちます。

私自身、「今からでもマーケ会社で働いてみたい」とたまに感じることがあります。(少しだけですが)

現時点で 特定の分野に興味がある方は、ベンチャーCFOまたは経営企画への転職を候補に入れてはいかがでしょうか。

>>関連記事:ベンチャーCFOに転職した会計士の記事【更新中】
>>関連記事:経営企画に転職した会計士に聞く「働き方」と「キャリア」

 

3.「独立するかどうかわからない」という方へのヒント(?)

「将来、もしかしたら独立するかもしれない。でも、ずっと会社員かも知れない。」

そんなレベル感で、転職先を考えている方も多いと思います。

私の個人的な考えですが、今少しでも独立を意識している方は、将来独立する可能性が非常に高いと思います。

(ちょっとだけ、私自身のお話をさせてください)

私は 2018年にEYを退職し、FAS系のコンサル会社に転職しました。

この時は、独立をさほど考えていませんでした。

「ずっと会社員でも良いし、独立のチャンスがあれば独立しても良いし…」

という中途半端な考えで、ひとまず転職をしました。(独立の可能性は、30%くらいかな…と考えていました)

しかし、結果的にですが転職後1年で独立し、2年目でBIG4の若手パートナー程度には稼げています。(少なくとも、失敗だとは感じません)

 

私の独立ケースを紐解くと、そもそも独立可能性を考えている時点で、遅かれ早かれ独立するのだろうと感じます。

私は国内系FASへ転職しましたが、起業後のビジネスモデルは前職と全く関係ありません。

自分の興味とアイデア1つで起業しました。

こんな形で(ある種ギャンブル的な)独立をしてしまう程ですから、転職するにしても、独立を前提とした転職先を探して良いのでは、と思います。

うまく文字で伝えることができず、難しいのですが…。(申し訳ありません)

他にも「私も独立しようか悩んでいます」という方がいらっしゃれば、私の答えられる範囲で、ご回答させて頂きますね。

 

監査法人から独立することも可能だが…

監査法人から独立することも可能だが…

意外と、監査法人経験のみで独立する会計士も多いです。

私の周りにも、監査法人を辞めて会計事務所を開業した会計士が、何人かいます。

しかし、正直あまりオススメしません。

監査法人から直で会計事務所を開業した会計士は、スタートで苦戦します。

監査法人からは(通常は)クライアントを紹介されませんし、独立後に役立つ人脈は、さほど形成されない為です。

税務の知見も浅いですから、勉強会・セミナーに参加し続けなければならず、収入ゼロの期間が続くのです。

もちろん、15年~20年の監査経験(加えて、IPOやFAの経験)があれば別ですが、5~10年ほどのキャリアでは苦戦される方が多いです。

独立をする前提であれば、転職歴の多さなどは関係なくなりますから、ある意味失敗してでも会計事務所等で多少の経験を積んでおく方が良いと思います。

独立してからでは、会社員に戻ることは難しいですからね。(色々な意味で。)

 

会計士が転職と独立を「同時」に行う手法

会計士が転職と独立を「同時」に行う手法

最近、少しずつ増えているのが「転職と独立を同時に行う」ケースです。

どういうことか? というと、

「副業可能な会社に転職し、副業として会計事務所を持つ」

という手法です。

独立直後、少なくともスタート3ヶ月は赤字が続きます。

クライアントを獲得できるかも分かりませんから、収入が不安定な状況が続くのです。

しかし、家庭のある方にとって安定収入がなくなることは、大きなデメリットです。

そこで、「組織に属しながら開業する」という方が増えているようです。

私が非常勤で契約している監査法人でも「副業」を認めており、個人事務所を開業している会計士が多く在籍しています。

こうした副業を認める会社はまだまだ少ないですが、公認会計士に強い転職エージェントであれば、求人を紹介してくれるかもしれません。

また余談ですが、私の契約先監査法人をご紹介することも可能です。(残業時間が少なく、かなり珍しい監査法人です)
>>お問い合わせページ

 

独立を視野に入れた会計士のための、転職先の選び方

独立を視野に入れた会計士のための、転職先の選び方

「独立」と言っても、おそらく具体的イメージの沸く方は少ないでしょう。

なぜなら、「会社員」と「事業主・起業家」では、働き方・マインドが大きく異なるからです。

転職先の選び方を考えるには、そもそも独立後に何をしたいかをイメージする必要があります。

そして、そのイメージは できる限り具体的である必要があります。

「将来の事なんて、ぼんやりとしかイメージできない」と言われるかもしれませんが、それは間違いです。

「お金」と「時間」を細分化して考えることで、イメージは具体的になります。

 

1.求める収益性から、転職先を考える

それでは、独立後の所得(儲け)をリアルにイメージしてみます。

私たち会計士が「会計事務所」を開業した際の、主なキャッシュポイントは次のとおりです。

 税理士業務

  • 記帳代行
  • 確定申告
  • 税務顧問
  • 月次監査

 公認会計士業務

  • 会計監査
  • FAS

再掲ですが、会計事務所での仕事内容を「税理士業務」「会計士業務」に分けました。

さて、更に細かく収益性を見てみましょう。

 

税理士業務

税理士業務での報酬相場は、次のとおりです。(引用:税理士検索freee

 個人クライアント

年商税務顧問(月)確定申告(年)記帳代行(月)
~1,000万13,000円76,000円6,000円
~3,000万17,000円96,000円7,000円
~5,000万21,000円116,000円10,000円
~1億28,000円145,000円13,000円

 法人クライアント

年商税務顧問(月)確定申告(年)記帳代行(月)
~1,000万15,000円107,000円7,000円
~3,000万19,000円129,000円8,000円
~5,000万23,000円150,000円11,000円
~1億29,000円173,000円14,000円
~5億40,000円210,000円20,000円
~10億50,000円235,000円26,000円

仮に、年商5千万の個人5名と 年商1億の法人5社 と契約をしたと仮定します。

すると、年間で 5,885,000円 の売上となります。

これだけでも 十分生活のできる収入ですね。

おそらく上記のクライアントであれば(ビジネスモデルにもよりますが)、年間の工数は400時間もあれば足りるでしょう。

つまり、時給換算すると15,000円/時 程度の効率になる計算です。

どうでしょう。意外と「税務も儲かる」という事がイメージできたはずです。

すると、税務を勉強するために「会計事務所」を転職先に選ぼうかな…という方も出てくるのではないでしょうか。

 

公認会計士業務

監査やFASも、時給換算すると分かりやすいかもしれません。

報酬は組織規模にもよりますが、独立直後であれば、10,000円/時 がminとなるでしょう。

意外と、税務に比べて単価が安いです。(あくまで独立直後の話ですが)

また、公認会計士業務には(税理士業務に比べて)アルバイトを使いづらいというデメリットがあります。

記帳代行はルーティン化しやすいため、クライアントさえ獲得できれば、どんどん量産化することができます。

しかし、監査やFAはルーティン化が難しく、常に自分が働き続けなければなりません。

…といった具合です。

これはほんの一例ですが、要するに 将来のキャッシュインを細分化することで、転職先の方向性が見えくるよ というお話です。

 

2.単純な興味で転職先を選ぶ

会計・税務・マーケティングと経験した私ですが、正直「マーケティング」が一番性に合っていると感じます。

それは、自分が「好きだ」と思える仕事だからです。

「好きこそ物の上手なれ」と言いますが、好きな仕事は、苦痛さえも感じません。(体力的な疲れは感じますが)

疲れを感じず、どんどんスキルアップするため、収益性も高まりやすいのです。

論理性に欠けるようで、実は「好き」「興味がある」という分野を選ぶことは、結果的に正解となる可能性が高いです。

また、これはあまり言いたくないのですが、進む分野が会計・税務とかけ離れているほど、ビジネスとして成功しやすいと思います。

私がマーケティングを選んだ理由の1つでもあります。

 

独立志向があるなら、必ずプロのエージェントに相談を

独立志向がある会計士に、おすすめの転職エージェント

本記事での考え方は、あくまで一例です。

私たち会計士の独立方法には、数多くのロールモデルがあります。

もし、少しでも独立を視野に入れているのであれば、必ずプロのエージェントに相談して下さい。

私自身も、何度もエージェントと情報交換・打ち合わせをして、ようやく1つの転職先を見つけました。

幸いなことに早期に独立もでき、ある意味で転職は成功だったと感じます。

なお  キャリアで悩んだ際は、必ずプロに相談することをおすすめします。

私はマイナビ会計士というエージェントを使い、最適な転職先を見つけました。

エージェントを使うのであれば、ぜひ会計士に特化したエージェントを使いましょう。
>>関連記事:【迷ったら1択】会計士がオススメする転職エージェント【比較20社】

無料で利用するには、下記リンクからご登録ください。