公認会計士・税理士の藤沼です。

大手監査法人を退職後、国内の中堅FASファームに転職しました。

監査法人時代とは環境がガラッと変わり、FASでは面白く・やりがいのある仕事ができたと実感します。

そこで今回は、FASへの転職を考えている会計士の方向けに、私がFASで働いて感じたことをお話します。

転職における失敗談なども掲載しましたので、ご参考いただければ幸いです。

 

そもそも、FASとは?

そもそも、FASとは?

初めて転職活動をされる方は、「そもそもFASって何?」という方も多いと思います。 私もそうでした。

特に「FAS」は2つの意味で用いられるため、注意が必要です。

これを知っておかなければ、情報収集の際に混乱します。

 FASは2つの意味で用いられる

  • サービス としてのFAS
  • 職種 としてのFAS

 

① サービスとしてのFAS

FAS(ファイナンシャル・アドバイザリー・サービス)は文字通り、ファイナンス面でアドバイスをするサービスの事です。

ファイナンスを直訳すると「金融」ですが、FASの領域では一般に次のサービスを提供します。

 サービスとしてのFASの種類

  • 財務DD
  • バリュエーション
  • PMI
  • BIG4特有の会計アドバイザリー(PPA・減損テスト等)
  • フォレンジック(不正調査)
  • 企業再生・事業再生
  • その他(IFRS、IT、内部統制、パブリック、新興国など)

いきなり難しい言葉が並びますが、具体的な内容は後ほど 詳しく解説します。

 

上記のうち、最も市場が大きく サービスも多いのが「財務DD」及び「バリュエーション」です。

実は「FAS」には明確な定義がありません。

しかし、一般に「FAS」と言うと(財務DDとバリュエーションを含めた)M&Aアドバイザリーを暗示することが多いです。

なお、財務DDは監査法人での経験をそのまま活かすことができ、バリュエーションは公認会計士試験での勉強内容を活かすことができます。

会計士業界では コンサル = FAS と言っても過言ではなく、コンサルに転身したい会計士のほとんどは、FASに転職します。

 

② 職種としてのFAS

特定の職種を「FAS」と呼ぶケースもあります。

使い方としては「FASに転職した」「FASで働いている」といった感じです。

こちらも明確な定義はありませんが、職種としてFASを指す場合、通常  次の職種を指します。

 職種としてのFAS

  • 国内系FASコンサル会社(本記事のメイン)
  • BIG4のアドバイザリー部門
  • 会計事務所のFASチーム

このうち  本記事では、国内系FAS(最も多いFAS)をメインで取り扱います。

BIG4のアドバイザリー部門については、監査法人のアドバイザリーに転職した、会計士のキャリアを解説でご紹介し、会計事務所については会計事務所に転職した会計士のリアルを全公開でご紹介しています。

また、会計士の転職先は全12種ありますが、このほかにもFASに関係する転職先は非常に多いです。(一部の事業会社や、投資銀行、PEファンド等でもFASの知見が活かされます)

 

会計士によるFASでの仕事内容

会計士によるFASでの仕事内容

ここでは、サービスとしてのFASについて解説します。

① 財務DD

財務DD(財務デューデリジェンス)は、M&Aに関するFAS業務の1つです。

監査法人出身者なら、一度は耳にした事があると思いますが、念のため少し触れておきます。

M&Aでは、被買収企業の価値を知るため、自社やコンサルに委託して対象会社の調査を行います。

法定監査のように明確なルールはなく、事前調査としての意味合いが強いため、手続きはとても簡便的です。(分析・質問が基本ですし、四半期レビューよりもさらに簡略化されます)

とは言え 監査とは目的が違うことから、財務DD特有の論点などがあり、FASに参入した会計士はまず財務DDから担当するケースが多いです。(私もそうでした)

財務DDの経験はとても汎用性が高く、FASのベースを築くと言っても過言では無いでしょう。

 

② バリュエーション

バリュエーション(企業価値評価)は、M&Aに関するFAS業務の1つです。

実際に企業買収を行う前に、買収側企業は 被買収企業の価値を見定め、1株あたりの価格を決定します。

買収側企業(バイサイドと言います)は  算定された価格よりも購入価格が安ければ、投資することを決めるでしょう。

また、売手側企業(セルサイドと言います)がバリュエーションを行うこともあり、これにより投資家たちに「売値」を示すことができますから、より買い手が見つかりやすくなるというメリットがあります。

このように、バリュエーションでは(財務DDなどから得た情報をベースとして)会社の株式価値を決定するため、よりファイナンスに近い分野と言えます。

なお、株価の算定方法には 類似会社比較法・DCF法・純資産法などがあります。

面白いくらいに「公認会計士試験」での勉強内容(経営学)がそのまま業務に活かせるため、会計士としてのアドバンテージが得られる分野です。

こちらも財務DDと同様、FASのベースとなります。

 

③ PMI

PMI(ポスト・マージャー・インテグレーション)も、財務DD・バリュエーションと同様、M&Aに関するFAS業務の1つです。

PMIは「M&A後の統合作業」を指します。

PMIにはいくつか種類がありますが、会計士に求められるのは、たとえば「会計システム・内部統制の統合」です。

それぞれ異なる組織を1つの事業体(または連結範囲)に統合するため、どうしても会計処理・内部統制に齟齬が生じ、これをケアするのがPMIです。

財務DDやバリュエーションは、正直、そこまで企業を知らずとも ある程度仕事はできてしまいます。(やや、アカデミックな分野です)

しかし、PMIでは個々の業務を理解しなければならず、泥臭い作業も増えてきます。

また 財務DD・バリュエーションは「M&Aの前」に行われるため、2つで1セットとする契約が多いですが、大きなFASファームやBIG4等では、「M&A後」もケアする趣旨からPMIもセットで提供するケースが多いです。
>>関連記事:PMIとは?【更新中】

ちなみに、全くの未経験で いきなりPMIをやる、、、というのは少しハードルが高いです。

 

④ BIG4特有の会計アドバイザリー

BIG4(大手監査法人アドバイザリー部門)ならではのサービスとして、「PPA」や「減損テスト」のアドバイザリーサービスがあります。

こちらも、M&Aに関連するFAS業務です。

PPA(パーチェス・プライス・アロケーション)とは、買収時における取得原価の配分を言います。

M&Aでは、B/Sに計上されている資産・負債を引き継ぎますが、目に見えない無形の資産も引き継ぐ必要があり、この無形資産を識別するための一連の手続きをPPAと呼びます。
>>関連記事:PPAとは【更新中】

減損テストは説明不要だと思いますが、主にのれんの減損兆候~測定までのテストを指します。

なぜ、数ある会計サービスの中でこの2つが特筆されるかと言うと、それは会計的インパクトが大きく、処理が複雑・煩雑だからです。

そのため、クライアントからの需要がわりと多いのです。

また、なぜBIG4特有のサービスであるかと言うと、監査法人経由での依頼が多いからです。

監査チームのクライアントのPPAや大規模M&Aの減損テストを依頼されるケースが多いため、大手監査法人のアドバイザリー部門には専門チームが存在します。(なお、厳密にはその他のファームでも提供されていますが、数は圧倒的にBIG4が大半を占めます)

 

⑤ フォレンジック

フォレンジックとは、不正調査を言います。

【更新中】

>>関連記事:フォレンジックで働く会計士のキャリア

 

⑥ 企業再生・事業再生

文字どおり、業績の悪化した企業・事業を再生させるコンサルサービスです。

【更新中】

 

FASでの仕事のやりがい

FASでの仕事のやりがい

私はEY新日本監査法人に4年半勤め、その後FASに転職しました。

FASでは、財務DD・バリュエーション・その他特殊なFASに従事しましたが、監査とは比べ物にならない程のやりがいを感じました。

FASはコンサルですから、基本的に残業時間は多めです。(私の場合は、月に50~60時間程度)

しかし、監査のような精神的ストレスがなく、仕事自体に面白味があるため  あまり疲れを感じませんでした。

FASの契約は、基本的に「クライアントが自分でできないことを、外部に委託する」というスタンスで始まります。

そのため、クライアントからは色々と質問される機会が多く、これに答えられると非常に感謝されます。

またFASでは、会計監査のスキルを活かしながらも 多くの専門知識を吸収できるため、1年間で大きく成長を実感しました。

何度も言いますが、FASは監査とは比べ物にならないほど面白いです。

 

会計士がFASに転職したときの年収

会計士がFASに転職したときの年収

ここでは、職種としてのFASの「年収」について解説します。

まず結論ですが、各FASにおける転職時の年収は、次のとおりです。

 FASに転職した時の平均年収

  • BIG4アドバイザリー部門: 909万円
  • 国内系FAS会社: 771万円
  • 会計事務所(所長が会計士): 755万円

転職時の年収は、大手企業ほど高い傾向にあります。

しかし、1つだけ注意が必要です。 ただし、こちらは あくまで「転職時」の年収なのです。

たとえばBIG4は  昇給率が非常に低く、その後の年収が(昇格しなければ)ほとんど伸びません。

一方  小さな会計事務所であっても、1年毎に100万円以上昇給するケースがあり、組織によって方針が全く異なります。

たとえば私の同期(監査法人経験4年)は、会計事務所に転職して3年目で年収が1,000万に到達しました。

会計士の転職先の中で、FAS系は年収が高いです。

新たな武器(スキル)を得ることで年収がグッと上がりますから、その1つとしてFASを選ぶ価値は大いにあるでしょう。

そのほか  会計士の転職先の年収は「会計士が転職すると、年収はいくらになる?【全業種調べてみた】」で全てまとめています。

 

会計士がFASに転職したときの残業時間

会計士がFASに転職したときの残業時間

FASは、一般的に残業時間が多くなる傾向にあります。

「コンサルだから残業が多い」という訳ではなく、シンプルに、「市場での要求水準」が高まっていることが理由だと考えられます。

特に  財務DD・バリュエーションでは、すでに業界での知見が習熟しており、「どのくらい精度を上げるか」でしか組織間での差が出ないようになっています。(つまり、工数を増やして品質を高めるだけ)

一方で M&A市場はまだまだ活発であり、プロジェクトはどんどん降ってきます。(むしろ コロナ禍の方が売却ニーズは増えている気がします)

そのため、どんなに少なくとも 月平均30時間 は残業が発生するでしょう。

FASはプロジェクト単位で仕事が動くため、契約後、すぐに仕事がスタートします。

そして、複数のプロジェクトが同時に走ってしまうと、一気に忙しくなるという弊害があります。

基本的に私生活のスケジュールを立てるのも難しく、「今の忙しさがいつまで続くのか分からない」という怖さもありました。

この点は、監査との大きな違いですので  注意して下さい。

面白くてやりがいはありますが、体力的な厳しさもあるのです。

 

FASからの転職先

FASからの転職先

転職する際は、その後のキャリアも見据える必要があります。

FASからの転職先としては、次のような職種が代表的です。

 FASからの転職先

  • 同業種
  • 事業会社の経理(M&Aチーム)
  • ベンチャーCFO
  • 事業会社の経営企画
  • 投資銀行
  • PEファンド

同業他社を渡り歩く方もいるようですが、FASからのキャリアアップとして代表的なのは「事業会社のM&Aチーム」です。(ただし、再生やフォレンジックは別)

IT系や一部のメガベンチャー企業では、自社でM&Aチームを用意します。

その理由は様々ですが、「投資判断を(委託せずに)迅速に行いたい」というニーズをよく耳にします。

なお、独立を考える会計士にとっても FASは重要なスキルです。

私自身も会計事務所の1つのサービスラインとしてFASを提供しており、FASのみで独立した会計士の知人もいます。

このように、FASでの経験は大きくキャリアを広げます。

私が監査法人からの転職先としてFASを選んだ理由は、キャリアの幅広さです。

結果論かもしれませんが、私は1年で独立できました。

 

会計士がFASに転職する際の注意点

会計士がFASに転職する際の注意点

絶対に注意すべき点が3つあります。

FAS自体は本当に面白い仕事でしたが、「ちょっと失敗した」と感じた点もあったのです。

【更新中】

 

 

FAS志望の会計士におすすめの転職エージェント

私は転職活動時、20社もの転職エージェントに登録し、1年間転職活動をしていました。

最もおすすめのエージェントは、マイナビ会計士です。

理由としては求人数が断トツであり、唯一の会計士専門エージェントだからです。

以上、FASへの転職日誌でした。

ここでの情報は、ほんの一部です。

詳細は、転職エージェントから正しい情報を入手して下さい。