公認会計士・税理士の藤沼です。

大手監査法人(BIG4)で5年ほど働きましたが、現在は中堅・中小監査法人で(非常勤職員として)働いています。

結論としては、「中堅・中小監査法人は、とっても働きやすい」です。

しかし、BIG4で疲弊してしまった方は特に、転職先から「監査法人」自体を除外してしまう傾向にあるようですね。(私も初めはそうでした。)

そこで今回は、中堅・中小監査法人の『年収』『働きやすさ』『その他、働いてみた感想』等々、私自身の体験談も踏まえてお伝えしたいと思います。

 想定読者

  • 中小監査法人の情報を知りたい方
  • 転職を考えている公認会計士の方

 

中堅・中小監査法人の数・規模

中堅・中小監査法人の数・規模

2020年10月29日現在、中堅・中小監査法人は全255法人です。

※ 下記リンクに飛んでいただくと、全監査法人の一覧が確認できます。
>>参考:SCBD-JAPAN(検索結果:「監査法人」)

全監査法人(259法人)から大手監査法人(BIG4)を除いたものが、一般に「中堅・中小監査法人」と呼ばれます。

ただし、中堅・中小監査法人の中でも、人員数やクライアント数など、規模に違いがあります。

中堅・中小監査法人のなかでも、特に規模の大きいものは「準大手監査法人」と称されています。

 準大手監査法人の一覧(カッコ内は従業員数)

  • 太陽有限責任監査法人(957名)
  • 東陽監査法人(422名)
  • 仰星監査法人(331名)
  • PwC京都監査法人(307名)
  • 三優監査法人(221名)

※ 「準大手監査法人」の定義は、公認会計士・監査審査会が定めたものです。

中小監査法人の中には、従業員5~10名ほどの小さな法人もありますから、上記5法人は(中堅・中小監査法人のなかでは)かなり規模の大きい法人と言えるでしょう。

なお、大手監査法人(BIG4)は従業員数3,000人~6,000人程度となっています。

 

中堅・中小監査法人の年収

中堅・中小監査法人の数・規模

中堅・中小監査法人の年収については、「大手監査法人よりも低いのでは?」と思われる方も、多いかもしれません。

しかし実際のところは、むしろ大手監査法人よりも高い年収を提示する法人も多いです。

法人ごとの年収を公開することはできませんが、例えば、私が契約している「非常勤職員」としての時給金額を例にします。

大手監査法人では、非常勤職員に対して、4,000~4,500円/時ほどの時給を提示するケースが多いです。

他方、中堅・中小監査法人では、6,000~7,000円/時が平均です。
>>関連記事:公認会計士のバイトの時給は、超高単価です。

大手監査法人の1.5倍です。
驚くほど高単価。

 

中堅・中小監査法人での給与水準が高い理由は、2つあります。

1つ目は、人材不足です。

定期採用では、ほとんどの試験合格者が大手監査法人に流れてしまう為、給与水準を高くすることで人材を確保する必要があります。

2つ目は、監査報酬が高いことです。

監査法人の種類ごと(大手・準大手・その他中小)の監査報酬は、次のとおりです。

監査法人の規模別売上高

>>引用:JICPA「2020 年版 上場企業 監査人・監査報酬 実態調査報告書」

クライアントの売上高に対する監査報酬の割合は、「平均」で見ると大手・準大手・その他中小で、さほど変わりありません。(0.359~0.328%)

一方「中央値」で見ると、大手監査法人が0.092%であるのに対し、準大手監査法人は0.138%、その他中小監査法人は0.161%となっています。

つまり、中小監査法人では多くの監査チームにおいて、非常に効率的に監査報酬を得ていることが分かります。

中堅・中小監査法人では、大手監査法人(BIG4)に比べ 間接コストが少ないはずですから、従業員への給与還元割合も高いケースがあるのです。

これは 私の想像ではなく、実際の求人票を見ても明らかです。

実際の求人票で、年収を見てみる。

さっそく、中堅・中小監査法人の年収を見てみましょう。

 中小監査法人の年収

シニアの年収が最低650万(残業少なめ)となっており、BIG4に比較すると高いと言えるでしょう。

(個々の能力によって、契約額はもう少し高くなると思われます。)

では、BIG4の年収はどうでしょうか。
こちらも 参考に見てみましょう。

 大手監査法人の年収

※年間休日が0日となっていますが…何かの間違いでしょう。

金融事業部(おそらく残業が多い)、英語力が必要、シニア採用で、最低ラインが450万円です。

中堅・中小監査法人に比べてしまうと、これは安いと言わざるを得ません。

もちろん 法人によってはもっと良い年収の求人もありますが、中小は基本650万円~という求人が多く見つかりました。

決して「中小は給料が安い」という訳ではないのです。

なお、中小監査法人への転職に関する情報は、「中小監査法人への転職が、意外とおすすめな理由」で詳細に解説しています。

 

中堅・中小監査法人での働きやすさ

中堅・中小監査法人での働きやすさ

「中堅・中小監査法人って、激務なのでは?」と思われている方、意外と多いようです。

私は「大手監査法人」と「中小監査法人」の両方で働きました。

個人的な見解ですが、「中小監査法人の方が、圧倒的に働きやすい」と感じています。(もちろん 規模にもよると思いますが。)

 

大手監査法人で働いていた頃は、

  • 早く辞めたい
  • 二度と、監査法人では働きたくない

と感じていました。

しかし  今の中小監査法人で働いてみて、「こんなに働きやすい監査法人があるのか…」と感じ、「これなら、しばらく監査やっても良いな」とさえ感じるようになりました。

残業時間は大幅に減り、人間関係のストレスもなく、とても快適です。

それほどまでに「環境の違い」というのは大きいようです。

 

中堅・中小監査法人が働きやすい理由

中堅・中小監査法人が働きやすい理由は、次の2点です。

  • リスクアプローチが基本
  • 経験豊富な会計士が多い

① リスクアプローチが基本

もちろん、大手監査法人でもリスクアプローチに従って監査を遂行しますが、BIG4グローバルの厳しい基準に従い、膨大な量の監査手続が求められますよね。

たとえば BIG4時代に私が関与していたエンゲージメントでは、売上だけで何百件もの証憑突合を実施していました。

中堅・中小監査法人では、このような厳しいグローバル基準を求められませんから、手続きがより効率的になります。

また、BIG4時代には膨大な量の「文書化」が求められましたが、そのような(ある種、ムダとも思えるような)作業もだいぶ減ります。

 

② 経験豊富な会計士が多い

先述のとおり、中堅・中小監査法人では「新人の採用」が難しいため、自然と「転職組」の会計士の割合が多くなります。

私の契約している中小監査法人も、ほとんどが他法人(主に大手監査法人)からの転職されてきた方です。

つまり、新人への指導などに時間を取られることがなく、また悩んだ時には、周りの頼れる会計士に相談ができるのです。

 

「働きやすい中堅・中小監査法人」を探す際のポイント

もし「働きやすい中小監査法人」「ワークライフバランスの整った中小監査法人」を探したい場合は、次のポイントに注視して、求人を探すと良いですよ。

 働きやすい監査法人を探す際のポイント

  • 女性比率
  • 離職率
  • クライアントの業績

① 女性比率

女性比率が高い法人は、ワークライフバランスが整っている傾向にあります。

先述のとおり、中堅・中小監査法人は、大手監査法人から転職されてきた方が大半です。

女性会計士の方が転職を決める大きな理由の1つに、「子育て」があります。

つまり、「働きたいけど、私生活の時間も欲しい」という女性の方が多い法人=ワークライフバランスの整っている法人であると言えます。

実際、私の契約している中小監査法人は、女性比率が非常に高いです。(そして、非常に働きやすいです。)

そのため、働きやすさを重視される方には、非常に重要なポイントですよ。

 

② 離職率

「ありきたり」と思われるかもしれませんが、離職率はとても重要な指標です。

入れ替わりの激しい監査法人、、、怖くないですか?

大手監査法人の離職率は非常に高いことで知られています。
一方、中小監査法人の中には、離職率がとても低い法人があります。

そのため、働きやすい監査法人への転職を考える際は、「離職率」もシッカリと見るべきです。

逆説的ですが、私の契約先監査法人ではワークライフバランスが非常に良く、離職率が非常に低いです。

 

③ クライアントの業績

こちらは保険的ですが、ある程度 監査法人の求人を絞った段階で、クライアントの業績を確認しておくと良いでしょう。

中堅・中小監査法人であれば、クライアント数はさほど多くありませんから、クライアントの業績を調べるのにもさほど時間を要しません。

当然ながら、クライアントの業績が良ければ、監査上の検討事項も少ないですからね。
>>マイナビ会計士なら、無料で求人票を入手できます。

 

準大手監査法人は、大手監査法人に近い。

「準大手監査法人」も「中小監査法人」に含まれますが、働き方に関しては大手監査法人に近い部分があるようです。

部署・チームにより残業度合いが異なり、「忙しい人」と「そこまで忙しくない人」が混在するからです。(規模が大きくなると、人の目が届きにくくなります。)

もし入社した場合、「残業したくない」などの要望も通りづらいですから、運よく残業の少ないチームに配属されることを願うほか無いでしょう。

 

中堅・中小監査法人のデメリット

中堅・中小監査法人に転職するデメリット

「年収」「働きやすさ」の面で、中堅・中小監査法人は優遇されています。

しかし、デメリットもあります。

 中堅・中小監査法人のデメリット

  • 「英語」に触れる機会が少ない
  • 「高度な会計処理」に触れる機会が少ない
  • 監査調書は「紙ベース」が基本

 

① 「英語」に触れる機会が少ない

中堅・中小監査法人では、人材に限りがあります。

そのため、高度な英語力を必要とするようなグローバルなクライアントは、少ない傾向にあります。(代わりに、規模の小さなパブリッククライアントの比率が高いです。)

「英語力を活かしたい」「IFRSに携わりたい」という方には、中堅・中小監査法人はあまりオススメできません。

 

② 「高度な会計処理」に触れる機会が少ない

中堅・中小監査法人のクライアントは、(大手監査法人に比較すると)規模が小さくなります。

規模の大きな企業では、「最新の会計基準」や「複雑な会計処理」など、多くの検討事項に触れることとなります。

この点で、中堅・中小監査法人では「高度な会計処理」に触れる機会が比較的少なくなります。

会計処理の検討は、監査の「面白さ」を感じる場面の1つですから、このような面白味を求めている方には、中堅・中小監査法人はオススメできないかもしれません。

 

③ 監査調書は「紙ベース」が基本

大手監査法人出身の方は驚かれるかもしれませんが、中堅・中小監査法人では、「紙ベース」で監査調書を作成するケースがほとんどです。

というのも、電子調書システムを整備できないケースがほとんどであり、電子上での承認やアーカイブ等が困難だからです。

そのため、エクセル等で調書を作成→印刷することで調書化することになります。

「印刷するかしないかの違い」とも言えますが、例えば前期調書は「紙」で残っていますから、いちいちガバットファイルを開いて前期調書を確認する必要があります。

特に、コロナ禍ではリモートワークが求められますから、前期調書(紙)を持ち帰る手間が必要になります。

 

中堅・中小監査法人は、こんな人にオススメ

中堅・中小監査法人は、こんな人にオススメ

以上を踏まえ、中堅・中小監査法人は、次のような会計士の方にオススメです。

 中小監査法人は、こんな人におススメ

  • 大手監査法人で主査を経験した方
  • ホワイトな環境で働きたい方
  • 年収を下げたくない方

私は、今の監査法人と契約して「監査へのイメージ」がだいぶ改善されました。

きちんと情報収集すれば、きっと素敵な法人が見つかるはずですよ。

>>関連記事:中小監査法人への転職が、意外とおすすめな理由