公認会計士・税理士の藤沼です。

会計系での転職を考えている方にとって、「転職サイト選び」は悩みどころです。

そこで今回は、会計系転職サイト アカナビ の評判・口コミを紹介します。

実際に私も利用しましたので、その感想も踏まえて、利用者目線でお話したいと思います。

全転職エージェントの比較表も公開していますので、ご参考ください。

アカナビの総合評価
  1. 求人数     : (4/10)
  2. 情報の詳細度  : (3/10)
  3. サポート力   : (評価なし)
  4. 対応のスピード : (評価なし)
  5. 評判・口コミ  : (6/10)
  6. 総合評価    : (6/10) 

(参考:当サイトの評価基準

※ アカナビは「転職サイト」のため、サポート力・対応スピードは「評価なし」となります。

「会計系」転職エージェント総合ランキング

1位 レックスアドバイザーズ
公式HP:https://career-adv.jp/
「会計系」最大手エージェント。求人数もNo.1。


2位 マイナビ会計士
公式HP:https://cpa.mynavi.jp/
「公認会計士」なら登録必須。


3位 ジャスネットキャリア
公式HP:https://career.jusnet.co.jp/
保険として活用するとGood。


※ 詳細は おすすめの転職エージェント にて解説

この記事を書いた人

藤沼 寛夫

藤沼 寛夫

35歳
公認会計士・税理士

2014年 2月 EY新日本監査法人 入社
2018年 7月 FAS系コンサル会社 入社
2019年10月 藤沼会計事務所 開業

中小企業様向けに、M&A / 監査 / AUP 等のサービスを提供しています。

 

目次

アカナビとは?

アカナビとは?

アカナビは、会計事務所・経理などの「会計業界」に特化した転職サイトです。

主なサービスの概要は、次のとおりです。

アカナビの主なサービス概要

 求人検索有り
 面談無し
 スカウトサービス無し
 履歴書・職務経歴書の添削無し
 面接対策無し
 各種、条件交渉の代行無し
 利用料無料

上記のとおり、アカナビは「転職サイト」に分類されれうため、「転職エージェント」のようなサービスを受けることはできません。

次に、他の転職エージェント・転職サイトと比較するために、アカナビの専門分野・特徴を解説します。

 

① 専門分野・特徴

アカナビの専門分野・特徴

アカナビは、会計系の「転職サイト(求人サイト)」として特化している点が大きな特徴です。

転職エージェントではないため、各種エージェントサービスを受けることはできませんが、気軽に求人を探すことがでいるという特徴があります。

※ 会計系の転職エージェント・転職サイトは全20社以上ありますが、このうち「転職サイト」に該当するのは、たったの3社です。

しかし、「転職サイト」はエージェントサービスを受けることができないため、「企業の内情が分かりづらい」というデメリットがあります。

この点、アカナビでは求人に「中の人へのインタビュー」を掲載していることから、ある程度、組織の内情を知ることができます。

私はたくさんの転職サイトを見てきましたが、かなり凝った作りになっていると感じました。

 

② 求人数

アカナビの求人数

実際に、アカナビが保有する求人数を数えてみました。

アカナビの保有する求人数

  • 東京  : 971件(8位)
  • 東京以外: 175件(11位)
  • 合計  :1,146件(10位)

(2022年4月1日現在のデータ)

カッコ内は、全ての会計系転職エージェントと比較した際の「求人数の順位」です。

アカナビでは、特に都内の求人を多く取り扱っています。

しかし、全ての会計系・税務系転職エージェントの中では、中程度の求人数という結果でした。

なお、求人数の内訳・詳細は、アカナビで取り扱っている求人で後述しています。

 

③ その他 概要

その他、アカナビの基本情報は次のとおりです。

運営会社株式会社レックスアドバイザーズ
設立年2002年10月
資本金5,0836,700円
本社【東京本社】
〒100-0014
東京都千代田区永田町2-14-3 東急プラザ赤坂9階
支店
  • 【大阪支社】
    〒530-0001
    大阪府大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビルディング6階
  • 【名古屋支社】
    〒460-0008
    名古屋市中央区栄1-3-3 AMMNATビル7階
関連会社
関連サービスレックスアドバイザーズ
分類転職サイト(求人サイト)

アカナビは、会計・税務系の最大手エージェント「株式会社レックスアドバイザーズ」が運営する転職サイト(求人サイト)です。

関連したサービスには「レックスアドバイザーズ」があり、「アカナビ」とは棲み分けがなされています。

アカナビとレックスアドバイザーズの違いについては、 「アカナビ」と「レックスアドバイザーズ」の違い で後述しています。

次に、アカナビを利用した方による評判・口コミを見てみましょう。

 

アカナビの良い評判・口コミ

アカナビの良い評判・口コミ

実際にアカナビを利用した方に、アンケート調査を実施しました。

なお、アカナビは(他の転職エージェントに比べると)利用者が少なく、評判・口コミ数もあまり多くありませんでした。

まず「良い評判・口コミ」から見てみましょう。

 

① 最寄りの会計事務所のパート求人がすぐに見つかった

日商簿記2級取得者Aさん

Aさん(女性)

  • 年齢  :38歳(転職時)
  • 保有資格:日商簿記2級
  • 転職先 :会計事務所
  • 評価  :★★★☆☆( 3.0 )

「 結婚前は都内の会計事務所で働いていたが、結婚を機に退職し、出産・子育てに専念していた。
その後、子供が大きくなったので社会復帰のため就職活動を行い、その一環でアカナビに登録した。
アカナビには都内の会計事務所の求人が多かったため、すぐに最寄りにある会計事務所の求人を見つけることができた。
応募後すぐに内定をもらい働くことができ、就職活動はスムーズであった。 」

 

② 業務内容が簡潔で分かり易かった

日商簿記2級取得者Bさん

Bさん

  • 年齢  :36歳(転職時)
  • 保有資格:日商簿記2級
  • 転職先 :税理士法人(契約社員)
  • 評価  :★★★☆☆( 3.0 )

「 税理士法人・会計事務所で求人を探していたが、どうにも求人間の違いが分かりづらかった。
この点、アカナビは求人票に業種が細かく記述されているため、求められている業務・スキルが想像し易かった。
ただし、実際は更に細かく業務が分かれていることから、具体的な仕事内容は直接聞く必要がある。
あくまで仕事のイメージをする上で参考にはなるが、先方へ確認せずに応募するのはやめておいた方が良いと思った。 」

 

③ バイトの求人が多め

税理士科目合格者Cさん

Cさん

「 前職の税理士事務所がブラックだったので転職を決意し、転職先を探した際にアカナビを利用した。
転職サイトだと思って利用していたが、思いのほかアルバイトの求人が多く、次第に契約社員・アルバイトも含めて就職先を探すようになった。
求人がすべてテンプレート通りに記述されている為、求人の比較がしやすかった。
パート等で探している人には良いと思う。 」

 

アカナビの悪い評判・口コミ

アカナビの悪い評判・口コミ

続いて、アカナビの「悪い評判・口コミ」を見てみましょう。

※ 掲載されている口コミは、あくまで個人の感想です。

 

① 求人が少なく、あまり選べなかった

日商簿記1級取得者Dさん

Dさん

  • 年齢  :33歳(転職時)
  • 保有資格:日商簿記1級
  • 転職先 :経理 → 外資経理
  • 評価  :★★☆☆☆( 2.0 )

「 経理としての転職先を探す過程で、アカナビを利用した。
年齢的にはまだ転職が難しい年齢ではなく、また英語力にもある程度抵抗が無かったため、わりと求人は選べる立場にあると思っていた。実際、他の転職エージェントで多くの経理求人を紹介してもらった。
しかし、アカナビには求人が少なく、あまり多くの求人を見つけることができなかった。
ドメスティックな求人の割合が多いように思う。 」

 

② 掲載されている情報が古かった

日商簿記2級取得者Eさん

Eさん

  • 年齢  :35歳(転職時)
  • 保有資格:日商簿記2級
  • 転職先 :会計事務所 → FAS系会計事務所
  • 評価  :★☆☆☆☆( 1.0 )

「 会計系としては2度目の転職だった。
アカナビでは比較的自分に合った企業が多く見つかったが、応募した際に1つ大きな問題があった。
応募して面接を受けに行ったところ、求人票に記載されていたポジションの募集は締め切っており、別のポジションを紹介された点である。
その場ではひとまず無難に面接を終えたが、後日内定が出た際にお断りした。
求人の情報が古かったため無駄足になってしまった。 」

 

③ 似たような求人が多い

公認会計士試験合格者Fさん

Fさん

  • 年齢  :31歳(転職時)
  • 保有資格:公認会計士試験合格者
  • 転職先 :大手監査法人 → IPOコンサル
  • 評価  :★★☆☆☆( 2.0 )

「 ヒマな時に求人をチェックするために、アカナビを利用した。
インターフェイスが分かり易く、選択項目がわりと多いので検索はしやすかったが、似たような求人票が大量に表示される点はマイナスだと思う。
せっかく条件を選択して検索しても、同じ会社がズラっと並ぶだけなので気が滅入る。
もちろん募集しているポジションや応募資格は違うのだが、ある程度まとめてほしかった。 」

 

アカナビを利用するメリット

アカナビを利用するメリット

アカナビを利用するメリットは、2つあります。

  1. 求人検索メニューがとても細かい
  2. 職種メニューが詳細

簡単に解説します。

 

① 求人検索メニューがとても細かい

アカナビは求人検索メニューがとても細かい

アカナビを利用する大きなメリットの1つが、「求人検索メニューの豊富さ」です。

私は40社以上の転職サイトを見てきましたが、ここまで詳細なメニューは初めて見ました。

特に、女性にとって大きなメリットとなるメニューが多いように感じます。

たとえば「働く環境」メニュー内の「子育てママ在籍」「女性比率5割以上」等のメニューは、非常に参考になるはずです。

 

② 職種メニューが詳細

アカナビは職種メニューが詳細

こちらもメニューに関するメリットですが、「職種」のメニューがとても詳細です。

たとえば、一言で「経理」といっても、その仕事内容は多岐に渡るはずです。

上記のように、担当する業務ごとに検索することができるため、自分のやりたい仕事をより細かく探すことができます。

ただし、応募時には必ず「求人票」もしっかりと確認しましょう。

「秘書事務」で検索したつもりが、実際には「経理業務」だった、ということはよくある話ですので…。

 

アカナビを利用する際の注意点

アカナビを利用する際の注意点

アカナビを利用する場合、次の3点に注意する必要があります。

  1. 求人数は少ない
  2. マッチングに失敗する可能性がある

それぞれ解説します。

 

① 求人数は少ない

アカナビの求人数は少ない

アカナビの求人数は全1,146件です。(2022年4月1日現在)

この求人数は、(他の会計系転職エージェントと比較すると)かなり少ない求人数です。

転職活動を成功させるためには、「より多くの選択肢の中から選ぶ」ことが最も大切です。

なぜなら、少ない求人の中から選んでしまうと、「より良い求人」を逃す可能性があるからです。

アカナビを利用する際には、あまり本気で求人を吟味せず、求人の傾向を掴む程度に利用することをオススメします。

 

② マッチングに失敗する可能性がある

マッチングに失敗する可能性がある

先述のとおり、アカナビは「転職サイト」です。

このため、自ら気になる企業を探さなければなりません。

例え「パート」「アルバイト」で働くとしても、自分に合った職場を選ばなければ、すぐに辞めてしまう可能性があります。

組織の雰囲気を熟知したエージェントから、内情などを聞きたい場合には、他の転職エージェントを利用する必要があるでしょう。

 

アカナビで取り扱っている求人

アカナビで取り扱っている求人

実際にアカナビの求人検索システムを利用し、取り扱っている求人数・種類を集計してみました。

結果は次のとおりでした。

すべての求人数1,146件(非公開求人を含む)
職種
  • コンサルティング会社
    FAS / その他会計アドバイザリー / 事業再生 / 内部統制 / フォレンジック
  • 事業会社
    経理部・財務部 / 内部監査 / ベンチャー
  • 会計事務所・税理士法人
    税務顧問・記帳代行 / 相続税・資産税 / 国際税務・海外進出支援
  • 監査法人
    大手監査法人 / 中小監査法人
  • 金融系法人
    銀行・投資銀行 / 証券会社 / ファンド
  • その他

 

資格公認会計士 / 税理士 / 税理士科目合格者 / 簿記1級 / 簿記2級 / 簿記3級
対応エリア
北海道青森岩手宮城秋田山形福島茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
雇用形態正社員 / 契約社員 / 業務委託
未経験者OK8件(非公開求人を含む)
管理職の求人0(非公開求人を含む)
英語力を活用5件(非公開求人を含む)
新卒/第二新卒OK0件(非公開求人を含む)

(2022年4月1日現在のデータ)

アカナビで取り扱う求人のほとんどが、都市部に集中しています。(90%近くが関東の求人でした)

また、外資系の求人や未経験者OKの求人もかなり少なめです。

 

① 職種別の求人数

アカナビが扱っている求人を、職種ごとに分類して集計しました。

※ カッコ内は「会計系転職エージェント全20社」中の求人数ランキング順位です。

1,147件(10位)
職種求人件数
経理   – 事業会社350件(9位)
内部監査 – 事業会社10件(11位)
経営企画 – 事業会社10件(10位)
FAS コンサル140件(7位)
会計事務所・税理士法人490件(10位)
監査法人33件(10位)
金融・ファンド38件(5位)
その他76件(7位)

抽出対象:アカナビ求人検索システム
(2022年4月1日現在のデータ)

アカナビで取り扱う求人は、「経理」「会計事務所・税理士法人」がメインでした。

また、併せてFAS・金融系の求人も(他のエージェントに比較すると)やや多めという結果でした。

金融系の求人を多く保有している転職サイトは少ないため、少し意外な結果です。

次に、資格者ごとの求人数を見てみましょう。

 

② 資格別の求人数

求職者の視点から、アカナビが扱っている求人を「資格者別」に集計してみました。

なお、カッコ内は「会計系転職エージェント全20社」中の求人数ランキング順位です。

合計
公認会計士197件(8位)
税理士310件(9位)
税理士科目合格256件(8位)
USCPA0件(20位)
USCPA科目合格0件(20位)
簿記1級100件(8位)
簿記2級224件(8位)
簿記3級53件(9位)

抽出対象:アカナビ求人検索システム
(2022年4月1日現在のデータ)

※ 1つの求人票で複数の有資格者を募集しているケースがあり、上記の合計は求人数全体の合計と一致しません。

アカナビの求人数は、(USCPAの求人を除き)いずれも「中程度」の求人数でした。

アカナビでは、パートや派遣の方を対象とする求人が多いため、資格を限定する求人が少ないのが特徴です。

なお、各資格者ごとの転職エージェントランキングは、 おすすめの転職エージェント で後述しています。

 

③ その他の転職エージェントと「全求人数」を比較

会計系に強い転職エージェント・転職サイトは、全20社あります。

このうち求人数が最も多かったのは、Rexアドバイザーズ でした。

(ただし、公認会計士向け求人に限ってはマイナビ会計士 が最も多い)

全転職エージェントの「全求人」数比較表

名称 / 求人数全国東京地方
マイナビ会計士4,005件2,515件1,490件
REXアドバイザーズ5,764件3,232件2,532件
ジャスネット4,896件2,860件2,036件
MS-JAPAN4,863件2,869件1,994件
HUPRO4,664件2,374件2,290件
経理転職.com2,820件1,707件1,113件
経理転職ナビ1,816件863件953件
TACキャリア1,809件1,219件590件
人材ドラフト1,251件515件736件
アカナビ1,146件971件175件
マイナビ税理士1,027件483件544件
アビタス407件333件74件
大原キャリアナビ273件154件119件
SYNCA232件198件34件
ワイズアライアンス212件194件18件
会計求人プラス202件171件31件
JICPAキャリアナビ188件112件76件
SACT159件86件73件
経理エージェント89件84件5件
VRPパートナーズ61件61件0件
PCP非公開非公開非公開

(2022年4月1日現在のデータ)

※ 名称をタップすると、各転職エージェントの評判・口コミ記事に飛びます。

転職エージェントを選ぶ際には、「求人数の多さ」はとても重要です。

魅力的な求人を拾い漏らさないためにも、必ず、求人数の多い転職エージェントを利用すべきです。

 

アカナビを実際に利用した感想

アカナビを実際に利用した感想

先述のとおり、アカナビは「転職サイト」です。(転職エージェントではない)

会計系の「転職サイト」は計3社ありますが、アカナビは中でも最も使いやすい転職サイトであると感じました。

選択メニューが最も多く、求職者に合った求人を見つけやすくする工夫が随所に見られます。

手っ取り早く「会計系」の求人を探したい方には、アカナビはオススメできます。

ただし、そもそもの求人数が少なく、「転職エージェント」ではないため、自分に合った転職先を見つけられるかどうかは微妙です。

総合的に見れば、レックスアドバイザーズなどの大手転職エージェントを使うべきだと感じました。

 

「アカナビ」と「レックスアドバイザーズ」の違い

「アカナビ」と「レックスアドバイザーズ」の違い

「アカナビ」と「レックスアドバイザーズ」は、「株式会社レックスアドバイザーズ」が運営する転職支援サービスです。

しかし、アカナビ・レックスアドバイザーズには次のような違いがあります。

アカナビ と レックスアドバイザーズ の比較

アカナビREXアドバイザーズ
利用対象者会計・税務への転職者全般(資格不問)
  • 公認会計士
  • 税理士
  • USCPA
  • 簿記資格取得者
エージェント×
求人数1,146件5,764件
パート・派遣×

上記のとおり、「アカナビ」と「レックスアドバイザーズ」とでは、利用者層が大きく異なります。

公認会計士・税理士・簿記1級~2級などを保有しており、正社員として転職を考えている方は「レックスアドバイザーズ」を利用すべきです。

一方、アカナビはもともと女性をターゲットに立ち上げられた転職サイトであることから、パートや派遣の求人を探している方には「アカナビ」の方がオススメです。

ただし、アカナビは「転職エージェント」ではないため、キャリアカウンセリング等の多くのサポートを受けることができません。

利用ターゲットが大きく異なりますから、両方に登録する必要はないでしょう。

なお、レックスアドバイザーズの評判・口コミは、次の記事で解説しています。

 

アカナビをオススメできる人

アカナビをオススメできる人

アカナビは、次の方にオススメです。

  1. 会計税務系のパート・派遣を探している方
  2. 手軽に求人を探したい方

以下、解説します。

 

① 会計税務系のパート・派遣を探している人

会計税務系のパート・バイト・派遣を探している方

先述の 求人数 の項では割愛しましたが、アカナビには「パート・派遣」の求人が多いという特徴があります。

全体の約15%(142件)が、パート・派遣などの求人でした。

意外と、パート・派遣の求人を揃えているサイトは少ないため、オススメです。

ただし後述しますが、「未経験者向け求人」が少ないため、前職で経理・会計事務所を経験された方向けになります。

 

② 手軽に求人を探したい人

手軽に求人を探したい方

先述のとおり、アカナビの求人検索システムはメニュー・選択肢が豊富です。

登録せずとも利用できますから、「手軽に求人を探したい」という方にはオススメです。

ただし、求人数はやや少なめですので、市場動向を知る・求人の傾向を知るために利用されることをオススメします。

 

アカナビをオススメできない人

アカナビをオススメできない人

次の方には、アカナビはあまりオススメできません。

  1. 正社員の求人を探している方
  2. 会計税務業界が未経験の方
  3. USCPAの方
  4. 地方の求人を探している方

以下、解説します。

 

① 正社員の求人を探している方

正社員の求人を探している方にはアカナビはお勧めできない

先述のとおり、アカナビの保有する求人は「パート・派遣」の求人割合が高く、正社員向けの求人数が少ないです。

そのため、正社員としての転職を考えている方には、アカナビはオススメできません。

正社員の求人が多く、エージェントサービスも受けられる「転職エージェント」の利用をオススメします。

 

② 会計税務業界が未経験の方

会計税務業界が未経験の方

アカナビには、「未経験者向けの求人が少ない」という特徴があります。

このため、経理経験・会計事務所経験がない方には、アカナビはオススメできません。

なお、「未経験者向け求人が少ない」というのは、転職サイト(求人サイト)の特徴だったりします。

未経験者の方が会計・税務系の求人を探す場合には、「転職エージェント」を利用されることをオススメします。

 

③ USCPAの人

USCPAの人にアカナビはお勧めできない

先述のとおり、アカナビには「USCPA向け」の求人が全くありません。

そのため、USCPA(またはUSCPA科目合格者)の方には、アカウントはオススメできません。

 

④ 地方の求人を探している人

アカナビは地方の求人を探している人にはオススメできない

先述のとおり、アカナビには地方の求人がほとんどありません。

関東以外の主要都市の求人もほぼ取り扱いがないため、地方の求人を探している方にはあまりオススメできません。

地方の求人に強い転職サイトは他にありますから、他の転職サイトを利用した方が良いでしょう。

 

アカナビの利用を考えている人にオススメの転職エージェント

アカナビの利用を考えている人にオススメの転職エージェント

会計系・税務系への転職を考えている方に、オススメの転職エージェントを紹介します。

 

① 公認会計士にオススメの転職エージェント

会計士にオススメの転職エージェント(上位3社)は、次のとおりです。

ランキング総合評価強み
1位 マイナビ会計士10/10会計士の求人数No.1
2位 Rexアドバイザーズ10/10会計業界では最大手
3位 ジャスネット9/10士業に特化

会計士ならマイナビ会計士 が最もオススメです。

なぜなら、唯一の会計士専門大手エージェントであり、会計士向けの求人数がNo.1だからです。

会計士にオススメの転職エージェントについては、次の記事でランキングを紹介しています。

私自身もマイナビ会計士を使って転職をしましたが、サービスが素晴らしかったので非常にオススメです。

 

② USCPAにオススメの転職エージェント

USCPAにオススメの転職エージェント(上位3社)は、次のとおりです。

ランキング総合評価強み
1位 Rexアドバイザーズ10/10規模・求人数ともNo.1
2位 ジャスネット9/10士業に特化
3位 MS-Japan9/10管理部門に特化

USCPAの方には Rexアドバイザーズ が一番オススメです。

なぜなら、USCPA向けの求人数が最も多く、評判・口コミも非常に良いからです。

実際に私も利用しましたが、コンサルタントの品質は全エージェントの中で最も高いと感じました。

なお、「マイナビ会計士」にもUSCPA向け求人はありますが、数が非常に少ないのでご注意ください。

 

③ 税理士にオススメの転職エージェント

税理士・税理士科目合格者にオススメの転職エージェント(上位3社)は、次のとおりです。

ランキング総合評価強み
1位 Rexアドバイザーズ10/10規模・求人数ともNo.1
2位 ジャスネット9/10士業に特化
3位 マイナビ税理士8/10税理士に特化

税理士・税理士科目合格者の方には Rexアドバイザーズ が一番オススメです。

なぜなら、税理士向けの求人数が最多であり、特に「科目合格者」向けの求人数が群を抜いているからです。

 

④ 経理に強い!オススメの転職エージェント

経理志望の方にオススメの転職エージェント(上位3社)は、次のとおりです。

ランキング総合評価強み
1位 Rexアドバイザーズ10/10規模・求人数ともNo.1
2位 MS-Japan9/10管理部門に特化
3位 ジャスネット9/10士業に特化

経理への転職なら、 Rexアドバイザーズ が一番オススメです。

なぜなら、経理向けの求人数がNo.1だからです。

ただし、「経理未経験者」への求人数はそれほど多くないため、経理未経験の方は「MS-Japan」「ジャスネットキャリア」も併用すると良いでしょう。

とはいえ、レックスアドバイザーズは会計系転職エージェントの中でもズバ抜けている印象があります。

\ かんたん3分で登録完了/

 

アカナビの総合評価

アカナビの評判・口コミ【+公認会計士が利用した感想】

アカナビの総合評価は、次のとおりです。

アカナビの総合評価
  1. 求人数     : (4/10)
  2. 情報の詳細度  : (3/10)
  3. サポート力   : (評価なし)
  4. 対応のスピード : (評価なし)
  5. 評判・口コミ  : (6/10)
  6. 総合評価    : (6/10) 

(参考:当サイトの評価基準

アカナビの利用を考えている方は、必ず、他の転職エージェントも使うべきです。

会計系エージェント全20社のうち、特に評判が良かったのは、次の3社でした。

「会計系」
おすすめ転職エージェント Top 3

No.1 Rexアドバイザーズ
会計系の求人数は業界No.1
カウンセリングも非常に魅力的。
No.2 マイナビ会計士
公認会計士なら登録必須
公認会計士専門エージェントとしては最大手。
No.3 ジャスネットキャリア
会計系・管理系に特化したエージェント
会計系の幅広い求人を網羅している。

特に、会計系での転職を考えている方は「レックスアドバイザーズ」1択だと思います。

比較にならないほど有用でしたので、絶対に利用すべきです。

\ かんたん3分で登録完了/